体に悪い焼酎ランキング

「酒は百薬の長」
これはあくまで、適量を守った場合のみです。
しかしお酒好きにはこれがとても難しいのも事実です。

そこで少しでも身体にお酒の負担をかけすぎないために「」も知っておいてください。

【体に悪い焼酎ランキング】お酒を選ぶ時はこれをチェックして選べ

身体に悪い 焼酎

焼酎は、原料や製法によって大きく「甲類焼酎」と「乙類焼酎」の2種類に分けられます。

甲類焼酎は、主に穀物(麦、米、芋、そばなど)を原料として、蒸留・精製して作られた焼酎です。
アルコール度数は25度以上で、クセがなく、すっきりとした味わいが特徴です。

乙類焼酎は、主に果実や糖蜜を原料として、蒸留・精製して作られた焼酎です。
アルコール度数は25度未満で、果実や糖蜜由来の風味や香りを楽しむことができます。

一般的に、身体に悪い焼酎ランキングはこれらのことが挙げられます。


  1. 糖質・プリン体が多い乙類焼酎 
  2. アルコール度数が高い甲類焼酎
  3. 添加物が多い甲類焼酎

【1位】糖質・プリン体が多い乙類焼酎

糖質 プリン体

糖質やプリン体が多く含まれている焼酎は身体に悪い影響を与えてしまいます。

乙類焼酎の中には、糖質やプリン体が多く含まれているものがありますので注意してください。

糖質は、肥満や糖尿病の原因となる可能性があります。
プリン体は、痛風や高尿酸血症の原因となる可能性があります。


【糖質・プリン体が多い乙類焼酎】
缶チューハイ、ハイボール、カクテルなど

【2位】アルコール度数が高い甲類焼酎

アルコール度数が高い甲類焼酎は、飲みすぎてしまうと身体に悪い影響を与えます。

焼酎は、アルコール度数が25度以上のものが多く、飲みすぎると、アルコール中毒や肝臓などの健康被害につながる可能性があります。

【アルコール度数が高い甲類焼酎】
キンミヤ焼酎、いいちこ、宝焼酎など

【3位】添加物が多い甲類焼酎

焼酎の中には、着色料や香料などの添加物が含まれているものがあります。
これらの添加物は、身体に悪い影響を与える可能性があります。


【添加物が多い甲類焼酎】
芋焼酎や麦焼酎などの一部の商品

ただし、これらの条件はあくまでも目安であり、個人の体質や飲み方によっても、身体への影響は異なります。
焼酎を飲むときは、適量を守り、自分の体調や健康状態に合った飲み方を心がけましょう。
参考:厚生労働省 健康に配慮した飲酒に関するガイドライン

甲類焼酎が体に悪いというのは間違い

甲類焼酎は身体に悪い
焼酎の分類に甲類と乙類があります。

甲類は連続蒸溜によって造られた焼酎でアルコール度数36パーセント未満の焼酎です。
乙類は単式蒸溜によって造られた焼酎でアルコール度数45パーセント以下の焼酎です。

乙類焼酎は米や麦、芋で作られる1回のみの単式蒸留ですが、甲類焼酎は連続蒸溜のため純度が高いアルコールが生成されるので乙類よりもカロリーが高くなります1。

乙類焼酎は美味しい上に低カロリーで糖質とプリン体ゼロの体にいいお酒です。
また、乙類の本格焼酎には、善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを排出してくれる作用があります。
血液サラサラにする効果もあるとも言われていす。

ですので、「焼酎の甲類と乙類で体にいいのはどっち?」と聞かれたら甲類よりも乙類の焼酎が身体にいいと思います。

身体に悪い焼酎ランキングを気にするのではなく、焼酎を適度に楽しむことが大切です。
アルコールの摂取は、個人の体質や健康状態に合わせて行うべきであり、飲酒量を適切に管理し、健康的な生活習慣を実践することが重要です。
また、焼酎を楽しむなら、焼酎に入れる物にも気を配ってみてください。
生レモン・生シークワーサーなど少しでも身体に良い物で焼酎を割って楽しんでください。

【甲類焼酎と乙類焼酎の違い】



このように、焼酎の甲類は体に悪いというのは間違った認識です。

甲類焼酎と乙類焼酎の違いは、蒸留方法の違いです。
甲類焼酎は連続式蒸留法、乙類焼酎は単式蒸留法で製造されます。
連続式蒸留法は、原料を連続的に蒸留することで、純度の高いアルコールを効率的に製造することができます。
一方、単式蒸留法は、原料を1回ずつ蒸留することで、原料の風味や香りをより多く残すことができます。

甲類焼酎は連続式蒸留法によって製造されるため、原料の風味や香りが少ないという特徴があります。
そのため、甲類焼酎は「体に悪い」というイメージを持たれることがあります。

しかし、甲類焼酎と乙類焼酎のどちらも、アルコール度数は同じです。
そのため、体への影響はアルコール度数によって決まると考えられます。

アルコールは、飲み過ぎると肝臓に負担をかけるなどの健康リスクがあります。
しかし、適量を守って飲む分には甲類焼酎でも乙類焼酎でも、体に悪いということはありません。

むしろ甲類焼酎には乙類焼酎にはないメリットもあります。

例えば、甲類焼酎は、原料の風味や香りが少ないため、さまざまな飲み物と合わせやすいという特徴があります。
そのため、チューハイやサワーなどのカクテルのベースによく使われます。

また、甲類焼酎は、乙類焼酎に比べて価格が安いというメリットもあります。

このように、甲類焼酎は体に悪いということはありません。

身体に悪い焼酎を避けるために芋焼酎のデメリットも知っておこう

芋焼酎
芋焼酎は、焼酎の中でも人気のある種類です。
しかし、芋焼酎には健康面でのデメリットがいくつかあります。

芋焼酎の健康面のデメリット
    1. プリン体が多い
      : 焼酎の中でも芋焼酎はプリン体が多いため、痛風のリスクがある人は控えた方が良い場合があります。
    2. アルコール度数が高い
      芋焼酎は他の焼酎と比べてアルコール度数が高いものが多いため、飲み過ぎると悪酔いや二日酔いになりやすいです。
    3. 雑味が強い
      芋焼酎は原料の芋の風味が強く残っているため、苦手な人もいるかもしれません。

体に悪い焼酎の影響

焼酎 体に悪い

焼酎(しょうちゅう)は、適量で飲む分には問題ありません。
しかし、過度な摂取やアルコール乱用は身体に悪い影響を及ぼす可能性があります。

身体に悪い焼酎のランキング以外にも、焼酎を飲み過ぎることによって起こる身体に悪いことも知っておいてください。


  1. アルコール中毒
    過度な焼酎の摂取は、アルコール中毒のリスクを高めます。アルコール中毒は肝臓や脳に損傷を与え、身体的な健康問題や社会的な問題を引き起こす可能性があります。
  2. 肝臓障害
    過度のアルコール摂取は、肝臓に大きな負担をかけ、肝臓障害や脂肪肝などの問題を引き起こす可能性があります。これらの疾患は重篤に進行し、肝硬変や肝がんにつながることがあります。
  3. 心臓疾患
    過度なアルコール摂取は、高血圧や不整脈などの心臓疾患のリスクを増加させる可能性があります。また、アルコールは心筋梗塞や脳卒中などの心血管疾患の発症リスクも高めます。
  4. 精神的健康問題
    過度なアルコール摂取は、うつ病、不安症状、認知機能の低下など、精神的な健康問題を引き起こす可能性があります。
  5. 体重増加
    アルコールにはカロリーが含まれており、過度な摂取は体重増加の原因となることがあります。また、アルコールを摂取することで食欲が増進し、不健康な食事を摂る可能性が高まります。

体にいい焼酎の銘柄

体にいい焼酎の銘柄
おすすめできない体に悪い焼酎もありますが、比較的体にいいろされる焼酎もあります。

身体にいいとされる焼酎の銘柄が以下の特徴があります。

  1. 原料に国産の素材を使用している焼酎の銘柄
  2. 糖質やプリン体が少ない焼酎



原料に国産の素材を使用している焼酎は、農薬や化学肥料の使用量が少なく、安全性が高く、栄養価も高い傾向があります。
また、地域の伝統的な製法で造られているものが多く、風味や香りも豊かです。

糖質やプリン体が少ない焼酎は、糖尿病や高プリン体血症などの健康リスクを軽減するのに役立ちます。
また、カロリーも低いため、ダイエットにもおすすめです。

具体的な銘柄としては、以下のようなものが挙げられます。

原料に国産の素材を使用している焼酎の銘柄


・ 黒霧島(鹿児島県)
・ 魔王(鹿児島県)
・ さつまキング(鹿児島県)
・ 海の幸(鹿児島県)
・ 鍛高譚(北海道)

糖質やプリン体が少ない焼酎

身体にいい焼酎の銘柄として、糖質やプリン体が少ないものが挙げられます。

・黒糖焼酎(奄美大島)
・芋焼酎「芋の恋」(鹿児島県)
・麦焼酎「麦の恋」(鹿児島県)
・米焼酎「米の恋」(鹿児島県)
・甲類焼酎「キンミヤ」(宮崎県)

体にいい焼酎の割り方


焼酎の飲み方も体への影響に影響を与えます。
焼酎はそのまま単体でいただいてもいいですが、割っても良しの万能なお酒です。
体にいい焼酎の割り方をいくつかご紹介します。

ロック

氷を入れたグラスに焼酎を注ぐだけのシンプルな飲み方です。
原料の風味や香りをダイレクトに味わうことができます。

水割り

焼酎と水を割る飲み方です。
原料の風味や香りは少しまろやかになります。

*お湯割り

焼酎とお湯を割る飲み方です。
原料の風味や香りがさらにまろやかになり、冬にぴったりの温かい飲み物になります。

ストレート

氷を入れない状態で飲む飲み方です。
ロックよりも原料の風味や香りが強く感じられます。

焼酎を温める飲み方です。
原料の風味や香りがさらに引き立ち、冬にぴったりの温かい飲み物になります。

乙類焼酎より甲類焼酎が身体にいい

乙類焼酎は、原料となる芋や麦、米などの風味や香りが強く独特のクセがある焼酎です。
それが独特の風味豊かな香りを醸し出します。
しかし、乙類焼酎は甲類焼酎に比べ糖質やプリン隊が多く含まれる傾向にあります。

また、乙類焼酎はその飲み方によっては、その風味や香りがうまく引き出されない場合もあります。

体にいい甲類焼酎を体にいい割り材で割るのもおすすめ

乙類焼酎は、さまざまなフレーバーの焼酎も販売されています。
これらの焼酎は、原料の風味や香りが抑えられており、飲みやすいのが特徴です。

乙類焼酎の飲み方を選ぶ際は、以下のポイントを参考にしてみてください。

  • 原料の風味や香りを楽しみたい場合は、ロックやストレートがおすすめです。
  • 原料の風味や香りをまろやかに楽しみたい場合は、水割りやお湯割りがおすすめです。*
  • 冬に飲みたい場合は、お湯割りや燗がおすすめです。 
  • フレーバーの焼酎の場合は、そのフレーバーに合わせて飲み方を選ぶのがおすすめです。

体にいい割り材のレモンやシークワーサーで割り方がおすすめ

乙類焼酎は、さまざまな割り方楽しむことができる焼酎です。
ぜひ、身体にいい割り材で焼酎を飲むことをおすすめします。

聴衆の体にいい割り材として、レモンやシークワーサーが代表的です。
糖分も少なく、クエン酸やノビレチンが疲労回復や血糖値の上昇を抑えてくれます。