WEB MAGAZINE Jul.26 facebook twitter feed
熱中症の見落としがちな「3つの」サインとは?食養生に“飲むビタミンC点滴”
夏休み前にケアしておきたいポイント!&おすすめの飲み方
 

暑中お見舞い申しあげます。
非常に暑い日が続いておりますが、お健やかにお過ごしでいらっしゃいますか?
気象庁から「異常天候早期警戒情報」も発表され、この暑さはまだまだ続くようです。

暦の上でも土用の入りから立秋までの「夏の土用」は一年で最も暑くなる時期です。
古来より、この時期の暑さを快適に過ごす工夫として打ち水や風鈴など「涼」を楽しみ、鰻、瓜、饂飩(うどん)など「う」の付くもの等を食する「食養生」が生活の中に取り入れられてきました。
知的で粋な先人のアイディアに頭が下がる思いです。

ひときわ暑い今年の夏、食養生に“飲むビタミンC点滴”Lypo-C[リポカプセル]ビタミンCで高濃度のビタミンCをプラスして夏に負けない身体に仕上げていきませんか?

猛暑の夏だからこそ、皆様に快適にお過ごしいただきたい想いで一杯です。

【睡眠不足・夏風邪・飲酒は熱中症の引き金】

熱中症の引き金になりやすい要因として「睡眠不足」「夏風邪などの体調不良」そして「飲酒」も挙げられています。

猛暑でビタミンCが枯渇する今こそ、摂取したほぼ100%のビタミンCを細胞に届けるLypo-Cをご活用ください。

お勧めの摂取タイミングをご紹介いたしますのでご参考になさってください。

-----

●睡眠不足

夏の寝苦しい環境や、強いストレスから起きる「睡眠不足」は辛いものです。
厳しい暑さの中で、身体は恒常性を保とうと頑張っています。

その際に使われるのがビタミンCです。

ビタミンCが枯渇すると自律神経も乱れやすくなり、恒常性を保てなくなり、睡眠の乱れにつながります。

就寝前に、高濃度にビタミンCを摂取することは、副腎にもビタミンCを届け、坑ストレスホルモンのバランスを整える事ができ、安眠につながります。

寝不足を感じたら就寝前にいつもより多めのLypo-Cの摂取をお勧めいたします。

●夏風邪

喉や鼻に違和感があったら、身体の免疫力が下がっているサインです。
ここで大切なのは免疫力をしっかりと高めることです。

Lypo-C は、その高い浸透率から“飲むビタミンC点滴”と呼ばれ、高濃度でビタミンCを細胞まで届け免疫力を高めます。

症状が軽減するまで3時間ごとに、こまめな摂取をお勧めいたします。

夏風邪対策は、「もしかしたら」と感じた時、ひき始めに多めに摂取することがポイントです。

●飲酒時も要注意

冷えたお酒が美味しい季節ですが、アルコールの摂取は脱水状態を招きやすいばかりか、ビタミンCを多く消費してしまうので要注意です。

Lypo-Cは摂取したビタミンCのほぼ100パーセントを細胞に届け、アセトアルデヒドの代謝や、血中アルコールの分解を促進します。(社内ではLypo-Cを飲んでお酒に酔えなくなったというクレームもしばしばですが、、、笑。)
飲酒の前後で摂取されることがお勧めですが、特に
飲酒の後は水とLypo-Cを摂取すると、次の日の朝の目覚めが違います。(二日酔い対策)

-----

「熱中症の初期症状3つのサイン」の答えは?……。  
"疲れ"・"だるさ"・"生あくび
"

熱中症という言葉でイメージするのは喉の渇きや、高熱、痙攣など重度の症状ではないでしょうか?実は、意外にも初期症状は「疲れ」や「だるさ」、「生あくび」だそうです。

これらの症状は日常でも感じる事も多く、ついついケアのタイミングを見逃しがちです。
身体にこれら3つのサインが出たら思い切って、早めの休養、水分補給、そしていつもより多めにLypo-Cを摂取することをお勧めいたします。

熱中症対策に摂取するとよいと言われるのはビタミンC、水分、ナトリウム、クエン酸、カリウムです。
Lypo-Cにはリポソームの安定性をキープするために、クエン酸もナトリウムも含まれており、熱中症の予防の強い味方です。

「疲れ」や「だるさ」の原因は暑い中で運動や労働など、体を使うことによる肉体の疲労だけでなく、精神的な要素も影響します。
ビタミンCは元来、ストレスを跳ね返すメカニズムに大きく関わっており、メンタル面からもサポートする為にも多く必要となります。
ビタミンCを充分に摂取する事は、精神的な疲労を取り除きます。

経口摂取では不可能とされていた高用量なビタミンCの吸収と浸透ですが、Lypo-Cは製造特許のリポカプセルで摂取したほぼ100%を細胞に届けることができ、ビタミンCを一気に効果的に摂取することができるのでストレスによる「疲れ」「だるさ」対策には最適な選択です。

「生あくび」の多くは脳の疲れやストレス、集中力の低下、貧血等が原因とされます。
脳の働きとビタミンCは大きく関わっており、脳では多くのビタミンCが消費されています。 Lypo-CでビタミンCを効率よく摂取することは、脳の血流がよくなり、脳のすみずみまで酸素と栄養素がいきわたる事となり、生あくびの改善に繋がります。

また、意外に知られていないのですが、リポカプセルを構成しているフォスファチジルコリン(PC)は、 脳内で学習や記憶、覚醒に関係する働きするという、海外論文が散見されています。

-----

【夏の土用にお勧めの飲み方】

★飲むビタミンC点滴+すいかのスムージー(Lypo-を西瓜[すいか]ジュースで割る)

西瓜は、夏の風物詩であり薬膳としても知られています。
「う」の付くウリ科の西瓜は、身体を効果的に冷やすので熱中症対策にもぴったりです。
Lypo-Cを、軽く冷凍した西瓜で作ったスムージーで割る飲み方が好評です。

★飲むビタミンC点滴+飲む点滴(Lypo-Cを冷やした甘酒で割る)

甘酒は夏の季語、古来より暑気払い(夏バテ対策)として飲まれてきました。
最強のビタミンCを豊富な栄養素を含む甘酒で割る、日本の夏の飲み方です。

-----

【編集後記/小松美保子】

最後までご覧いただきありがとうございました。
7月も残り僅かとなりました。
特にお子様の熱中症が心配というお声も多くいただきます。

お子様にお召し上がりいただく際のご質問として、原材料に表記されている「アルコール」の量についてお問い合わせをいただくことがあります。
Lypo-Cのアルコール量は本当に少量です。
小児用のエリキシル剤で主薬を溶解するために使用されているアルコール量と同程度ですのでご安心ください。
Lypo-Cの味が苦手なお子様には乳酸菌飲料割りが好評です。

皆様にご愛飲いただいているLypo-C[リポカプセル]ビタミンCですが、海外のドクターからも高い評価とご期待をいただいております。
本日より、ビタミンCに熱い国!台湾の医療機関にて販売が開始されることとなりました。
今後は、台湾で人気のLypo-Cレシピなどもご紹介して参りますのでご期待ください。

末筆となりますが、前回のWebマガジンでの避難所へのLypo-C支援のお願いに対して、お申し出をいただいたクリニックの皆様、並びにご関係者の皆様に心より感謝申し上げます。





株式会社SPIC [ スピック ]
〒248-0006 神奈川県鎌倉市小町2-12-30 BMビル4F
TEL:0120-663-337 / FAX:050-5865-1599
http://spic.com/

【Lypo-C Vitamin C公式通販サイト】
Lypo-C Newsも不定期で随時配信しております。
https://lypo.medsup.jp/
公式LINE@のご案内
 
【配信先の変更・停止】
本WEBマガジンの配信先の変更・停止をご希望の場合は lypo_support@spic.org までご連絡ください。
配信停止のお手続きには若干お時間がかかる場合がございます。
配信の行き違いの際はご容赦ください。
SPIC LYPO-C