正常に表示されない場合はこちらから

2019.5.06

ランニングでの、
Lypo-Cの体感。

<GWの休業期間の発送について>

「令和」への改元を挟んだ過去最長の10連休となったゴールデンウィークもいよいよ最終日になりました。

昭和から平成へと変わった時は、昭和天皇が崩御された後の改元だったため、自粛ムードが強かった記憶が印象深く残っていますが、今回の改元は未来に向けて明るいステージに向かう意欲が湧いてくる方も多いのではないでしょうか?

新元号「令和」の印象はいかがでしたでしょうか?

TwitterなどのSNSでは発表直後のポジティブコメントが9割もあったようです。
私は、「美しく穏やかでありながら気が引き締まる」ような字面と音のように感じ、とても好きです。ちなみにチベット語発音レイワは「希望」という意味です。

さて、GWの最終日にお届けしたいトピックは「RUN(走る)×Lypo-Cの体感」です。

今でこそ、Lypo-Cは多くのスポーツ施設でもお取り扱いいただくようになりましたが、新時代を迎え、来年に東京オリンピックを控え、盛り上がるスポーツに対する好ムードを、今後も吸収率にこだわった十分量のビタミンCのメディカルサプリメントでサポートしていきたいと思います。

新しい時代にも力を発揮していくために、心機一転、運動習慣を取り入れるチャンスですが、走ることもその一つかも知れません。

Lypo-C[リポカプセル]ビタミンCは、WADA(世界アンチ・ドーピング機関)の指定検査機関・英国LGC社によるドーピングテスト認証済みのサプリメントです。


ジョギング、ランニングをする人たちの目的

ランニングと言っても、軽いジョギングから競技目的のマラソンまで幅があるので一括りするのは難しいのですが、ランニング人口はおおよそ知られています。諸説あるものの、笹川スポーツ財団が2014年に実施した調査によれば、ジョギング、ランニングを年1回以上する成人は1,000万人弱とのことです。

人口比については、決してまだ多いとは言えない数値ですが、過ごしやすいこの季節は、少し街へ出ると市民ランナーの皆さまに出会う機会が多くなりますね。

東京マラソンから始まったというマラソンブームもまだフレッシュで、世界の主要マラソン大会のひとつにもなったこのマラソンは、抽選の倍率が10倍を超えるほどの人気ぶりです。(ちなみに私は過去一度も当選していません。)

走る目的は様々で、アンケートによると以下のような集計が出ています。

※「ランナー世論調査2017」
(回答者数1万7868人)(複数回答可)
https://runnet.jp/project/enquete/2017/

・「運動不足解消」=55.3%
・「健康のため(減量でない)」=41.0%
・「ダイエット(減量)」=33.8%
・「レースに出場したいから」=28.1%
・「ストレス解消のため」=25.6%

一石◯調のジョギング、ランニング
◯の数は自分で決める。

走る目的が十人十色なのは想像どおりですが、目的は必ずしも一つとは限りません。

かつて私もスポーツに真剣に取り組む人種だったので、ジョギング、ランニングなどの運動が身体の健康に及ぼす好影響は、無数に感じています。

よくSPICクリニックの松村浩道院長に対して、持論を手元に様々なインタビューをするのですが、院長が何度もおっしゃることは「認知症に対しては運動が一番」ということです。

そのため、軽度の認知症の母を持つ私にとってのジョギング、ランニングは、「健康のため(減量でない)」と「ダイエット(減量)」に加えて「ストレス解消のため」と一石三調です。
皆さんが走るとしたら、一石何調でしょうか?

一石◯調の◯の数は、ご自身で決めて臨むと、よりランニングが有意義に感じられるのはないでしょうか?

私のおすすめ、インターバル・ランニング

ひとえに、ランニングと言ってもさまざまで、目的に応じて走り方を追求すると大変面白いです。

元々中距離(400mとか800m)ランナーだった私は、10kmも20kmも走りません。

昨年SPICクリニックで遺伝子検査を受けたところ、筋肉、脳などの代謝に関わるミトコンドリアの活性が強いタイプではないと判明し、松村浩道院長からすすめられてインターバル・ランニングを取り入れるようになりました。

インターバル・ランニングも非常に奥が深いのですが、入門編として簡単にご説明すると、15秒間のダッシュと45秒間のウォーキングを複数回セットで行うもので、ダッシュ時は、全力疾走の90%程度の速さで行うランニングです。

通勤路を利用してこのインターバル・ランニングを始めてから、ここ数ヶ月で確実に代謝が改善し、肌の調子も良く、美容目的でLypo-C[リポカプセル]ビタミンCを摂取されている方が多いため、この場を借りてご紹介致しました。

インターバル・ランニングは一例ですが、ご自身の体質や体調に合わせて走り方を工夫することでより有意義なランニングを楽しめるのではないでしょうか?というご提案になります。


Lypo-Cをランニングシーンにおすすめする理由。
「リポCラン」をお伝えしたい理由。

前置きが長くなってしまいましたが、我々が、なぜジョギング、ランニングLypo-Cをおすすめしたいのか?要点を絞ってお伝えします。

どれも「裸のビタミンC」ではなく、(1)リポカプセルビタミンCだからこそ、(2)体内利用率十分量のビタミンCであるからこそ、強くお届けしたい情報です。

キーワードは少し多くなってしまうのですが、「持久力」・「回復」・「体脂肪燃焼」・「抗酸化力=老化防止」・「日焼け止め」・「DHEA生成」・「カルニチン生成」

まさにジョギング、ランニングにとって一挙両全以上の好影響を期待できますので、是非お試しください。


Lypo-Cは「走る人」を応援します。

ヤハラリカさん
ビーチハンドボールアンバサダー、モデル、タレント

ヤハラリカ

2024年に開催されるパリオリンピック、”ビーチハンドボール”がオリンピック正式種目になる可能性が高く、2020年の東京オリンピックでもデモンストレーションが行われることが決定しています。そのビーチハンドボールを啓蒙するために、「砂」繋がりでナミブ砂漠レース250kmという過酷なマラソン大会に挑戦

SPICはスポンサーとして、Lypo-C[リポカプセル]ビタミンCとプロテクトファンデーションをご提供し、レースを応援しておりましたが、一昨日(日本時間5/4)、見事完走したという連絡がありました。
ヤハラリカさん本当におめでとうございます!!

皆さん、今後のヤハラリカさんのご活躍を我々と一緒に応援よろしくお願い致します。

ヤハラリカ

ナミブ砂漠レース250kmについて

世界最古の砂漠とよばれるナミビアのナミブ砂漠を、7日間かけて250km走る過酷な砂のレース。
チェックポイントで貰えるのは水だけ。
7日分の食料、寝袋、衣類などのすべての荷物を自ら背負い(6.5〜15kg)、制限時間内にチェックポイントを通過、ゴールするのが条件。
寒暖差の激しい砂漠。 最高気温35℃、最低気温約5℃。


【編集後記/宮崎直哉】

ランニングとLypo-Cの相性の良さについては、実は医師から聞く前より、自身の体感、や、導入されているスポーツ施設の代表者のお声などからほぼ確信していました。

走る前後でアミノ酸やプロテインなどを摂取するのは常識として定着しましたが、効果効能として共通しているのは運動効率の改善。
Lypo-Cはこの効率改善はもちろん、回復や、活性酸素の除去にも貢献できるのが優れている点です。
是非一度、ランニングシーンに是非取り入れてみてください。

Lypo-Cは昨年も皇居周辺のランステーション5箇所にてサンプリングを行い、さまざまな声をいただきました。
「ハードな練習後も、フルマラソン後も体調を崩すことがなくなった」「風邪もひかなくなった」「ランニングで疲労した体の回復、紫外線のダメージの軽減のために」などなど。

新時代を祝うため、皇居ランはもちろん各地でのランナーや大会を応援致します。 (我こそは!と思われる方はご一報ください。)

Lypo-Cを通して多くの方々に触れ合う中でわかっていることは、ランニングに限らず、アスリートの皆さまは、ビタミンCの効果効能を感じやすいこと。

極限まで鍛錬を重ねた体や意識は、ビタミンCがもたらす変化に敏感なのでしょう。

私も最近では、糖質を摂取した時に生まれる熱量と同じように、ビタミンCが体に作用していることを感じられるようになりました。


<Lypo-C定期購入のご案内>

最近、とてもご好評で多くの皆様がご登録されているLypo-C定期便(定期購入)があります。定期便ではLypo-Cをお召し上がりいただく目的や、季節の変化に合わせてのプレゼントをご用意しております。この機会に是非ご検討ください。

<対面販売を大切にする理由>

Lypo-C[リポカプセル]ビタミンCは対面での販売を基本にしています。それは、お客様ご自身で選んでいただくことを大切にしたいと考えているからです。 Lypo-Cを販売しているクリニックや事業所では、対面でコミュニケーションを取り、商品の特徴、お一人おひとりに合った使い方、そしてなぜそれが必要なのかお伝えしています。 その上でお客様ご自身が判断して購入され、目的や体調に合わせた飲み方を選択していただくこと。 その事こそがこの商品のメリットを最大に享受していただける方法です。

<世界の最高品質という一択へのこだわり>

私たちが商品をつくる上でこだわるのは、身体への安全性、確かな体感と変化、使い続ける上での持続可能性です。 そのために、原料や製造方法も「その時に世界で選択しうる最も品質が高く、最も安心できるものを使用する」Lypo-Cは世界の最高品質という一択にこだわっています。

<医療目的でLypo-Cをご利用の皆様へ>

Lypo-C[リポカプセル]ビタミンCは、元々医療用に開発されたサプリメントです。 現在、その高い浸透率がもたらす「体感」から美容やスポーツなど幅広く高いご支持をいただいております。 「飲む高濃度ビタミンC点滴」と呼ばれるLypo-C[リポカプセル]ビタミンCは、ビタミンCを必要とされる全ての方へ「体感」をお届けしたいという想いからお求めの皆様にお届けしています。 ご了承の上、ご安心して治療のご利用いただければ幸甚です。


Lypo-C[リポカプセル]の技術を応用した

新商品 LYPO-C POUR LA BEAUTÉ

「美しさのためのLypo-C」を意味する化粧品ブランド、LYPO-C POUR LA BEAUTÉ[ リポシー プーラ ボーテ]が好評販売中です。
3つの(トリ)カプセルの超微粒子ミストがビタミンCを角質層の奥まで届かせる事にこだわった「リポCプーラボーテ VCトリカプセルエッセンス」、都会の外的ストレスから肌を守ることにこだわった「リポCプーラボーテ プロテクトファンデーション」および「リポCプーラボーテ セラムファンデーション」

紫外線の強いこの時期には、「リポCプーラボーテ プロテクトファンデーション」がおすすめです。
本商品のご購入はこちら

C-Connection応募フォーム

Lypo-C[リポカプセル]ビタミンCを通じた美容、健康をテーマとしたイベントをC-Connectionとして各地で開催して参ります。 会場にはそれぞれの道の専門家などをお呼びし、テーマに沿ったトークショーや製品発表会などを行ってまいります。 以下のフォームに一度ご記入いただけますと、ご案内を郵送、メールなどで開催情報や招待状を都度お届け致します。

お申込はこちら

Back Number Ranking
ビタミンCに副作用や摂りすぎリスクはある?
ビタミンCが二日酔い対策に役立つって本当?
美白・美肌のための飲み方
ビタミンCがシミの原因になるって本当?
ピルとビタミンCの併用は安全です。
Official SNS
メディア、季節に合わせた情報をタイムリーに届けます。
ご利用者には、お持ちのSNSでの購読を推奨します。

Knowledge for Users
リポカプセルビタミンCユーザーに必ず読んでいただきたい6つのコンテンツ。

#リポC認定レシピ
ビタミンCの生体利用率100%を実現するために開発されたリポカプセルビタミンCを、より美味しく効果的に摂取いただくためにご用意したレシピをご紹介します。


はじめてのリポソーム
Lypo-C[リポカプセル]ビタミンCに用いられる画期的な技術「リポソーム」について解説します。ビタミンCを体内に留め、体外に排出させないテクノロジーについての話です。

開発者インタビュー
メディアからのオファーで開発者がインタビューを受けた際の記事です。Lypo-C[リポカプセル]ビタミンCに込めた大切な想いをお伝えします。

イベント情報・プレスリリース
Lypo-C[リポカプセル]ビタミンCの注目すべきプレスリリースです。日々行っているイベントやリリースについてご紹介します。

大好評Webマガジンアーカイブス
過去のマガジンをカテゴリごとに凝縮してまとめております。


ビタミンCを高濃度に摂取する理由は?
私たちがお伝えするビタミンCがもたらす「5つの魔法」。

【配信先の変更・停止】
本マガジンの配信先の変更・停止をご希望の場合はlypo_support@spic.orgまでご連絡ください。配信停止のお手続きには若干お時間がかかる場合がございます。配信の行き違いの際はご容赦ください。