MENU

ビタミンCは摂取方法によって、吸収・浸透率が低下します

2020年04月30日更新
ビタミンCは摂取方法によって、吸収・浸透率が低下します
1340 View 2 Like & Share

SUMMARY

  1. ・インフォグラフィック
    ・ビタミンCの吸収率
    ・ビタミンCの吸収の秘密
    ・ビタミンCの生体利用量推移グラフ

私たちは日焼けや美肌のためにビタミンCを多く摂るよう心がけていますが、摂取方法によっては体への効果を妨げてしまう可能性があることをご存知ですか。

 

ここでは、栄養素ビタミンCの摂り方についてご紹介します。

果物や野菜から摂取した場合、吸収・浸透する量は上限がある

ビタミンCは、果物や野菜などの食品による口からの摂取では非常に吸収しづらく、すぐに体外に排出されてしまいます。

 

摂取量が大量になればなるほどこの現象は強くなり、どんなに大量に摂取しても吸収できる限界(飽和限界)を超えて摂取することは不可能です。

また、口からの過剰な摂取を続けると副作用を引き起こす危険性もあります。吸収率が低下し十分に体内に吸収されないと、初期代謝によって下痢や吐き気、胃けいれんの原因となることがあるのです。

 

そのため、ビタミンCを効率よく摂取できるよう開発したビタミンCサプリメントが「Lypo-CビタミンC」です。

 

「Lypo-CビタミンC」はビタミンCをリポソーム化することで、ビタミンCを消化液や酸化からの影響を受けることなく消化管に届け、直ちに小腸から吸収されます。

 

初期代謝で体外に排出されることもないので、摂取量のほぼ100%のビタミンCを吸収・浸透させることができます。

 

ビタミンCは空腹時に摂取すると、より効果が得られる

リポソーム化カプセル「Lypo-CビタミンC」は、ビタミンC血中濃度を高め体内にビタミンCを貯蓄させます。

 

それにより、疲れやすい体を健康な状態に回復させるほか、肌の調子を整えてくれるので、ストレスに負けない健やかなライフスタイルへと導きます。

 

「Lypo-CビタミンC」の消化管へ直接届ける特徴を生かすために、摂取するタイミングは空腹時をオススメしています。

 

ハードなスケジュールが予定されている日は朝に。不調を感じたら昼に。疲れを感じた日は夜に。体調に合わせて取り入れることで、日々の生活をサポートします。

1340 View 2 Like & Share
2017年05月25日作成 └Lypo-Cスケッチボード
ランク3位

RECOMMEND

推薦記事

SEARCH