メディカルサプリメントLypo-C[リポカプセル]ビタミンC

MENU

メディカルサプリメントLypo-C[リポカプセル]ビタミンC

ビタミンCで私を「守る」– ビタミンCの5つの魔法 ③ 予防の魔法

2018年10月22日更新
ビタミンCで私を「守る」– ビタミンCの5つの魔法 ③ 予防の魔法
902 View 7 Like & Share

SUMMARY

  1. ビタミンCの5つの魔法 ③ - 予防
記事を読む

「飲む高濃度ビタミンC点滴」の体感


「飲む高濃度ビタミンC点滴」として、様々な雑誌でもご紹介いただいているLypo-C[リポ-カプセル]ビタミンC。

ビタミンCは一般的にはある程度の摂取量を超えると消化吸収できずに体外に排出されますが、Lypo-C[リポ-カプセル]ビタミンCは「リポソーム化カプセルビタミンCは劇的に血中濃度を増加させる(※1)」という米国の先端医療の研究のエビデンスをもとに、ビタミンCの「吸収率」に徹底的にこだわったサプリメントとして開発されました(※)

Lypo-C[リポ-カプセル]ビタミンCは、開発チームや取扱いクリニックではもちろん、ご愛用いただいているご利用者様からも一日3・4本まとめて飲むという声を頻繁にいただきます。

そこで今回は、まとめ飲みによって得られる体感と期待を、ビタミンCの持つ5つの魔法

「磨く」-美容、「癒す」-回復、「守る」-予防、「補う」-活性、「治す」-治療

になぞらえ、全5回の特集「まとめ飲み体感の魔法」としてご紹介していきます。

※ Lypo-C[リポ-カプセル]ビタミンCのリポソームは、製造特許技術によって100nmに均一化された国産リポソームです。


ビタミンCで私を「守る」- ビタミンCの予防効果


大事な会議や試験の前、ご家族の大切なイベントの前、あるいは妊娠中で薬が飲めないなど、風邪をどうしてもひきたくない場面はありませんか?
そんな時は手洗い・うがいの徹底やマスクの着用などでウイルスとの接触機会を減らしたり、乾燥を避けて鼻や喉の粘膜を保護するなどの対策を行うことと思います。
しかし万一ウィルスに体内への侵入を許してしまった場合には、身体の持つ抵抗力によってウイルスと闘うことになります。

このような時、身体の抵抗力アップに貢献するのがビタミンCなのです。

 

ビタミンCでのど・鼻の粘膜を守る

風邪もインフルエンザも、空気中に漂う細菌やウイルスに感染することによって起こります。
ウイルス感染はまずのどや鼻の粘膜を経由して侵入しますが、通常はのどや鼻の粘膜がウイルスの侵入を防いでいるので簡単に侵入することができません。ところがのどや鼻の粘膜が弱っているとウイルスの侵入を防ぎきれず、その結果風邪やインフルエンザに罹りやすくなるのです。

ビタミンCにはコラーゲンの生成を助ける働きがあり、のど・鼻の粘膜細胞の元となるタンパク質にコラーゲンは欠かせません。十分なビタミンCの補給によってコラーゲンの生成を促してのど・鼻の粘膜を強化すれば、水際でウイルスの侵入を防ぐことにつながります。

ビタミンCでウイルスから守る

体内にウイルスが入ると、白血球が感染部位に集まります。白血球はウイルスを細胞ごと取り囲み、活性酸素を放出してウイルスを駆除しますが、その際放出される余分な活性酸素の処理にはビタミンCがかかせません。白血球は通常血中濃度の80倍ものビタミンCを含有しており、ビタミンCの量が多いほど、白血球の活動も活発になります。
免疫力に関するもうひとつの働きは、ウイルスを退治する「ナチュラルキラー細胞」の生成の手助けです。ビタミンCはナチュラルキラー細胞の生成を促し、風邪撃退の作用を高めることができます。
ビタミンCを補うことは身体の免疫力を高め、ウイルスや細菌の侵入に対する抵抗力を高めることにつながります。ビタミンCを普段からしっかりと摂取して、身体の内側から免疫力を高め、風邪に負けない身体を作りましょう。
 

「まとめ飲み」の理由

上記のようにビタミンCを摂取することによって様々な効果を期待できるのですが、Lypo-C[リポ-カプセル]ビタミンCの効果を「体感」するためにはなぜ「まとめ飲み」がオススメなのでしょうか。

まず1つ目の理由は「体内でビタミンCは偏在(偏って存在)している」ためです。
人間の体内で、ビタミンCは特定の臓器に極端に偏って存在しており、例えば血液中のビタミンC濃度を1とすると脳は血液中の20倍、白血球は80倍、副腎には150倍の濃度のビタミンCが含まれています。
ビタミンCは上記のような「生命にとって必要・重要な器官」で優先的に消費されます。「肌や皮膚」など直接生命の危険に関係しない部分は後回しにされやすく、この部分での体感を得るには、高用量摂取つまり「まとめ飲み」によってビタミンCを確実に「届かせる」ことが必要になるのです。

もう1つの理由は、ビタミンCは「カスケード」と言われる使われ方をするためです。
カスケードとは「段々滝(階段状の滝)」を意味する英語ですが、滝に流れる水をビタミンCに置き換えて、上流の滝つぼ(例えば「抗酸化作用」)が満たされて、初めて下流の滝つぼ(例えば風邪予防)に落ちていく、という考え方です。

またこのカスケードの順番、つまり何が上流に来て、何が下流に配置されているのかは「個人差がある」とされています(※2)。よってたくさん摂取した場合の体感は「人によって違う」現れ方をします。

ビタミンCの体感が「自分にとって、どうなのか?」を確認するためには、一度高用量摂取を試してみて、自分の身体の中で「何が上流に来て、何が下流に配置されているのか」を確かめる必要があるのです。

摂取「推奨量」とは?

日本における成人のビタミンCの摂取推奨量は「1日あたり100mg」(2015年版食事摂取基準)とされています。この値は日常生活において消費されるビタミンCを枯渇させないための、いわば「生体を維持するための必要量」として設定される数値です。
より積極的な効果を期待してビタミンCを利用するためには、より高用量を摂取しなければその体感を得ることは難しいといえます。
サプリメント先進国であるアメリカでは医学界におけるビタミンCの研究が進んでおり、大人の場合、一般的な至適用量は ストレスの程度や疾患の状態により、1日当たり500~10,000mgまたはそれ以上に及ぶ(※3)との研究報告があります。
また分子矯正医学 (OrthoMolecular Medicine)を初めて提唱したライナス・ポーリング博士は、ビタミンC摂取の実践者でもあり、自身の健康に必要かつ不可欠な栄養素として毎日18g(18,000mg)ものビタミンCを摂取していました。これは一般的なビタミンC摂取量のおよそ180倍もの分量ですが、ライナスポーリング研究所ではビタミンCの推奨摂取量は少なすぎるとして、1日当たり、状況に応じて何千、何万mgの大量投与を推奨しています。

 

摂り過ぎのリスクは?

ビタミンCは水溶性で吸収しきれない分はすぐに尿と一緒に排泄されるため、健康な人であればまず重篤な副作用は起こりません。
大量摂取による最も身近なリスクは、消化しきれないビタミンCが、消化管を刺激することで引き起こされる「胃腸障害(「腹痛」や「下痢」「胃けいれん」など)」です。

Lypo-C[リポ-カプセル]ビタミンCは、摂り過ぎによる胃腸リスクを回避できる

一般的にビタミンCには上記のような「摂りすぎによる胃腸障害」のリスクがあるのですが、Lypo-C[リポ-カプセル]ビタミンCは、製造特許取得の「リポソーム」化技術によって100nm(ナノメートル)で均質化されたリポソームカプセルにビタミンCを閉じ込め、摂りすぎによる胃腸障害リスクを回避することが可能になりました。

リポソームは、人間の細胞膜と共通の構造であるリン脂質二重層膜でできているため、細胞膜と融合(「膜融合」)させることが可能です。Lypo-C[リポ-カプセル]ビタミンCのリポソームカプセルはこの膜融合によってカプセルの中身(ビタミンC)を直接細胞の内部に運搬します。

Lypo-C[リポ-カプセル]ビタミンCのリポソームカプセルは小腸からの吸収時に消化の負担をほとんどかけないため、消化不能による胃腸のリスクを回避しつつ、封入量1000mgのビタミンCのほとんどを細胞に届けることができるのです。

このリポソームカプセル構造があるからこそ、Lypo-C[リポ-カプセル]ビタミンCは胃腸障害のリスクを気にせず「まとめ飲み」をオススメすることができます。また、「ビタミンCは摂取量よりも浸透・吸収量が大切」と胸を張って言えるのです。


ビタミンCで身体を満たし、効果を体感してください


ビタミンCは生体活動に必要不可欠な栄養素ですから、常に体内で消費されて減少していきます。そのために「まとめ飲み」によって一度体内にビタミンCを蓄積し、ビタミンCで満たされた状態を経験することが、ビタミンCの「魔法」を体感する近道です。

美しく、健康であるために。ご自身だけではなく、大切な方のためにも。
この機会に、より多くの皆さまに、より積極的にLypo-C[リポ-カプセル]ビタミンCをご利用いただき、ビタミンCの力を文字通り「体感」していただければ幸いです。

♣️  ♣️  ♣️  ♣️  ♣️  ♣️  ♣️

 

「ビタミンCの5つの魔法」 特集ページはこちらからご覧になれます。
ビタミンCで私を「磨く」– 5つの魔法① 美容
ビタミンCで私を「癒す」– 5つの魔法② 回復
ビタミンCで私を「守る」– 5つの魔法③ 予防
ビタミンCで私を「補う」– 5つの魔法④ 活性
ビタミンCで私を「治す」– 5つの魔法⑤ 治療


※1. Stephen Hickey, Hilary J. Roberts, & Nicolas J. Miler Journal of Nutritional & Environmental Medicine, 2008
※2. メグビー「カスケード理論」(https://www.megv.co.jp/megv/cascade.php)
※3. Hickey S, Saul AW. Vitamin C: The Real Story, the Remarkable and Controversial Healing Factor. Basic Health Pubs, 2008

902 View 7 Like & Share
2018年02月26日作成 特集記事
ランク8位

RECOMMEND

推薦記事

オンラインで購入する