メディカルサプリメントLypo-C[リポカプセル]ビタミンC

MENU

メディカルサプリメントLypo-C[リポカプセル]ビタミンC

ビタミンCの実感とは?「免疫力」「疲労回復・疲労予防」「肌への効果」が上位に。

2019年03月20日更新
ビタミンCの実感とは?「免疫力」「疲労回復・疲労予防」「肌への効果」が上位に。
3449 View 3 Like & Share

SUMMARY

  1. ビタミンC摂取の実感。男女ともに「風邪をひきにくくなった」「疲労回復、疲労予防」が上位。「肌」に関する実感は女性の上位に。

ビタミンC摂取の実感とは?

SPIC[スピック]は、4月4日を「ビタミンCの日」(CC[シー・シー]の日)と命名し、これを記念してビタミンCに関するアンケートを実施しました。
全国の男女12,731人に対して実施したアンケート回答者のうち「最近1年間に、ビタミンCを含むサプリメント・健康食品を購入して飲んだ、食べた」と答えた回答者から約1,000人を抽出し、2次調査としてさらに「ビタミンC摂取で感じていること」を問うアンケートを実施いたしました。
その結果、全体の約3分の2の人が「ビタミンC摂取による何らかの実感あり」とする回答が寄せられ、最も多い回答は男女ともに「風邪をひきにくくなった」「疲労回復・疲労予防」で、女性については「肌」に関する実感を回答した割合が多くなる結果になりました。

ビタミンC摂取の実感。男女ともに「風邪をひきにくくなった」「疲労回復、疲労予防」が上位

2次調査(アンケート)では、「ビタミンCを摂取することによって、実感していること」について、以下の選択肢から回答していただきました。
 

□ 疲労回復、疲労予防
□ 風邪をひきにくくなった(免疫力向上)
□ 美白 (日焼け予防)効果
□ シミ・そばかすが薄くなった
□ にきびが治った・できにくくなった
□ 肌の調子が良い
□ アンチエイジング効果
□ 貧血改善・貧血予防
□ アトピーの改善
□ 便秘の改善
□ 二日酔いの改善
□ 太りにくくなった
□ ストレスの改善
□ その他
□ 特に効果は実感できていない

 

アンケートの結果、「ビタミンC摂取によって実感していること」として、回答者全体では、「風邪をひきにくくなった(25.1%)」「疲労回復・疲労予防(19.4%)」「肌に関する回答4項目(16.5%)」とする回答が上位となりましたた。
※肌に関する回答4項目:「美白(日焼け予防)」「シミ・そばかすが薄くなった」「ニキビが治った・できにくくなった」「肌の調子がいい」の4項目)

男性は「風邪をひきにくくなった」「疲労回復、疲労予防」に回答が集中

この設問を「男女別」で再集計したところ、男性は「風邪をひきにくくなった(27.8%)」「疲労回復、疾病予防(26.7%)」に回答が集まりました。
※「肌」の4項目は合計9.5%でした

「肌」に関する実感は女性の上位に

女性はやや回答が分散する傾向が見られ、男性と同じく「風邪をひきにくくなった(23.0%)」「疲労回復、疾病予防(13.6%)」に回答が集まる結果となりましたが、「肌」に関する4項目※の合計は21.8%となり、男性との顕著な差が現れました(男性の場合は9.5%)。
※肌に関する回答4項目:「美白(日焼け予防)」「シミ・そばかすが薄くなった」「ニキビが治った・できにくくなった」「肌の調子がいい」の4項目)

また、下図の詳細にみられるよう、男性と比較して女性特有の回答(美白(日焼け予防)、シミ・そばかす、エイジングケア、貧血改善・貧血予防)が目立ち、これが回答が分散する理由となっています。



全体の回答者のうち、7割は実感・体感があるという結果となりました。
一方で全体(32.7%)、男性(29.8%)、女性(35.0%)は「特に効果は実感できていない」という回答も寄せられました。

 

実感を得られないという回答の要因として考えられるものは?

アンケートから、ビタミンCの摂取によっておよそ7割の方が実感を得られているという結果となりました。これはビタミンCが『皮膚・粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持つ栄養素』と言われるため、皮膚・粘膜補強による「肌に関する回答(美白、シミ、ニキビ、調子が良い)」「風邪をひきにくくなった」、抗酸化作用による「疲労回復」の回答の多さは納得できるものです。
逆に「実感が得られない」とする要因としては、以下のような仮説が考えられます。

・ビタミンCの摂取量が足りない、不足している (「量」の問題)

・摂取方法やタイミングが悪く摂取効率が良くない (「方法・効率」の問題)

・摂取しているビタミンCの品質に問題がある (「質」の問題)

上記はいずれも、ビタミンCの実感を得るための重要な問題と考えられます。
いかにして「ビタミンCの実感」を届けるか? SPIC[スピック]はこの点にフォーカスし、今後もビタミンC及びヘルスケアカルチャーの定着・向上に努めてまいります。

 

♣️  ♣️  ♣️  ♣️  ♣️  ♣️  ♣️

SPIC[スピック]は、「ビタミンCの日」を記念して、リサーチ機関の協力のもと一般向け/医師向けにそれぞれビタミンCに関するアンケートを実施しました。
4月をビタミンC月間として、本アンケート結果について順次Newsページで公表してまいります。

アンケート結果はこちらからご覧になれます。
第1回:ビタミンCが栄養素4冠!「知っている」「興味がある」「摂取したい」「普段から摂取している」栄養素のトップに。
第2回:ビタミンC意識調査(アンケート)結果。男女で全く違う!?「ビタミンCに期待すること」
第3回:ビタミンCの実感とは?「免疫力」「疲労回復・疲労予防」「肌への効果」が上位に。
第4回:愛好者でも9割が知らない? 「1日のビタミンCの必要摂取量」
第5回:医師と消費者、ビタミンCの認識に大きな開き。医師が有効と考える摂取方法の利用者はわずか5%未満。

 



【調査(アンケート)概要】
 <サマリー>

・20~50代の消費者に対するWebアンケート(回答数:12,731人)
・上記の内、サプリメントや健康食品でビタミンCを摂取していると回答した人に対するWebアンケート(回答数:1,000人)
・医師を対象としたビタミンCに関するFaxアンケート(回答数:100人)

 <詳細>

 調査名
  ビタミンCに関するアンケート調査
 調査対象者
 【一般】 全国の20代~50代男女12731人
 【医師】 全国のビタミンC点滴療法を実施する医師100人
 有効回答数
 【一般】 12,731(1次調査)1,000(2次調査)
 【医師】100
 調査期間
  2018年3月12日(月)~3月19日(月)
 調査方法
 【一般】 インターネット調査
 【医師】 Fax調査
 調査機関
  株式会社インテージ

 

 

<1次スクーリング母数および内訳>

 

 

<2次スクーリング母数および内訳>

 

3449 View 3 Like & Share
2018年04月16日作成 プレスリリース
ランク1位

RECOMMEND

推薦記事

オンラインで購入する