メディカルサプリメントLypo-C[リポカプセル]ビタミンC

MENU

メディカルサプリメントLypo-C[リポカプセル]ビタミンC

室内でも要注意! 弱い紫外線「UV-A」がシワの原因に

2018年10月19日更新
室内でも要注意! 弱い紫外線「UV-A」がシワの原因に
854 View 4 Like & Share

SUMMARY

  1. ・UV-Aは室内でも要注意。雲やガラスを通り抜けて、肌の深いところまで届く
    ・UV-Aの刺激で発生した活性酸素が、肌組織を壊して「しわ」の原因に
    ・できてしまった活性酸素対策はビタミンC。”肌活”にLypo-Cで効率よくビタミンCを
記事を読む

室内でも要注意! 弱い紫外線「UV-A」がシワの原因に

この時期、晴れた日は日差しもきつくなってきて、太陽から降り注ぐ紫外線が目に見えるようですね。
ところで皆さんは、「紫外線(UV)」にはいくつか種類があることをご存知でしょうか。紫外線対策にはまずは正しい知識から。正しいUVケアを目指すため、紫外線基礎知識をおさらいしましょう。

3種類ある「紫外線(UV)」

「紫外線(UV)」は、波長の長さによって「UV-A」「UV-B」「UV-C」の3種類に分けられます。このうちもっとも波長の短い「UV-C」が人体にとって最も有害なのですが、オゾン層で吸収されるため地上には届きません。私たちが日常的に浴びているのは「UV-A」「UV-B」の2種類の紫外線です。

UV-Bはエネルギーが強く、直接・長時間晒されると肌表面の細胞を傷つけて真っ赤な日焼け(サンバーン)や炎症、さらにはDNAなどを傷つけて皮膚がん発症の原因となるとも言われています。
ただしオゾン層や大気中の雲などで大部分が遮られるため、地上に到達する量は全紫外線量の約10%程度。地上に到達する紫外線の9割は、波長の長い「UV-A」です。

この「UV-A」は人体に対するエネルギーがもっとも弱く、日焼けのような急性の影響は与えないため、UV-Bよりも肌への影響は少ないように思えます。
しかし近年の研究でこのUV-Aこそが「シミ」や「シワ」の原因として大きく関わっていることがわかってきました。

真皮にダメージを与える「UV-A」

UV-Aは人体に対するエネルギーこそ弱いものの、雲もガラスも透過する性質を持っています。そのため曇り空であっても、また室内にいても窓から差し込む日射しにUV-Aは含まれています。私たちは日中はたとえ屋内にいようとも、UV-Aの影響を少なからず受けています(ちなみに、UV-Bは雲やガラスによって大半が遮られます)。

また紫外線は波長が長い方がより皮膚の奥まで入り込む性質があり、UV-Bが表皮までしか届かないのに対し、UV-Aは表皮の下の真皮まで到達します。

私たちの肌は外側から表皮、真皮、皮下組織の3層で構成されていて、それぞれ次のような役割があります。

〈表皮〉 肌を外界から保護する
〈真皮〉 肌のハリ・弾力・潤いを保つ
〈皮下組織〉 衝撃を和らげる、断熱・保温する

肌表面(表皮)の下には「真皮(しんぴ)」があり、肌の弾力・ハリ・潤いに欠かせないコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などでできています。
この真皮がUV-Aの刺激を受けると、活性酸素が発生してコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の構造が壊れます。さらに、活性酸素は細胞膜を酸化させるので、細胞は正常な機能を発揮できなくなり、新しくコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を生み出す力も落ちてしまうのです。

この現象は「光老化」とも呼ばれます。UV-AはUV-Bほどのエネルギーがないので肌への急激な影響は実感しづらいのですが、私たちが気づかないうちに時間をかけて肌にダメージを与えた結果、たるみや深い「しわ」など、肌の老化に大きく影響を及ぼすのです。

ビタミンCで体の内側から紫外線対策を

では、このようなUV-Aの性質に対抗するにはどうすればよいでしょう。日傘やサングラス・日焼け止めクリームなどで紫外線を防ぐ「遮蔽(しゃへい)」対策はもちろんですが、どうしても浴びてしまう紫外線に対抗するためには、ビタミンCが役立ちます。
ビタミンCには強い抗酸化作用があり、体内で発生した活性酸素を中和するとともに、コラーゲンをつくる反応に欠かせない物質として働きます。そのため、UV-Aがピークに向かって増えるこの季節、UV-Aにさらされることで発生してしまう活性酸素を取り除き、傷ついた真皮を修復するために、ビタミンCを十分補給する“肌活”がとても重要になってきます。
参考までに、日本における高濃度ビタミンC点滴療法の第一人者である柳澤厚生氏は、その著書の中で1日最低4g、できれば8~10gのLypo-C摂取を推奨しています。このような高用量を摂取しようとしても通常は体外に排出されてしまうのが一般的なのですが、Lypo-C[リポ-カプセル]ビタミンCは製造特許取得のリポソームカプセル技術でビタミンCの吸収率を高め、通常の吸収限界を超えて体内にビタミンCを取り込むことが可能です。

ライフスタイルや個人差によって、ビタミンCを体感できる量は一人ひとり異なりますので、“肌活”に高効率・高吸収率を実現したLypo-C[リポ-カプセル]ビタミンCを活用して、自分にぴったりの量を探してみましょう。
参考  ・村田晃「新ビタミンCと健康 21世紀のヘルスケア」(2012)
・国立環境研究所有害紫外線モニタリングネットワーク事務局.2016年つくば局UV-A観測データ(http:// db.cger.nies.go.jp/gem/ja/uv/)


この記事が良いと思ったらSNSでいいね!もしくはシェアしてください。
記事の引用は歓迎します。引用元を明記してご利用いただければ幸いです。
それでは、また別の記事でお会いしましょう。


 

 

<掲載アイテム>

 

国内初日本産 MEDICAL SUPPLEMENT リポ カプセルビタミンC ¥7,200(税別) リポソーム ビタミンC 1,000mg 1箱・30包入(液状タイプ) 名称ビタミンC 含有食品原材料名ビタミンC、レシチン(大豆由来)、アルコール クエン酸ナトリウム、クエン酸内容量185.28g(6.176g×30包)

 

<関連リンク>

 

  • ☆スペシャルコンテンツLypo-C[リポ-カプセル]ビタミンCのはたらきを説明したインフォグラフィックが閲覧できます。
  • ☆SHOP LISTLypo-C[リポ-カプセル]ビタミンCを取扱い、販売する店舗をご確認頂けます。
854 View 4 Like & Share
2018年06月15日作成 美容
ランク4位

RECOMMEND

推薦記事

オンラインで購入する