メディカルサプリメントLypo-C[リポカプセル]ビタミンC

MENU

メディカルサプリメントLypo-C[リポカプセル]ビタミンC

梶本 和歌子・川田 貴章ペアの空飛ぶヨットに捧げる生き方

2019年04月23日更新
梶本 和歌子・川田 貴章ペアの空飛ぶヨットに捧げる生き方
732 View 8 Like & Share

SUMMARY

  1. ・ナクラ17級男女混合セーリングチームの梶本選手と川田選手に「セーリングを通した生き方」についてインタビューしました。
    ・時速50kmを超える「空飛ぶヨット」とは?
    ・辛くても夢があるから乗り越えられる。ナクラ17級を続ける理由。
記事を読む

海の上を猛スピードで移動し、空を飛ぶように走るセーリング競技「ナクラ17級」。2016年のリオから競技に加わった注目のスポーツです。

観光スポットとしても名高い江の島に、2020年東京を目指し、日々トレーニングを続けている強化選手がいます。

今回は、ナクラ17級で活躍する梶本選手と川田選手に「セーリングを通した生き方」についてインタビューしました。
写真左:梶本 和歌子選手、右:川田 貴章選手(共に日本セーリング連盟指定強化選手)

TOPIC 1
時速50kmも!?空飛ぶヨットとは?

2016年リオから新たにセーリングの競技として加わった「ナクラ17級」。船の帆に風が流れることによって海の上を進んでいく、セーリング唯一の男女ペア競技です。

ナクラ17級のいちばんの特徴といえるのが、スピード。時には時速50kmを超える速さになることもあり、ダイナミックな走りで見る人を魅了しています。

 

ヨットに水中翼が付いているため、水面から船体を浮かせながら走るのが見どころ。猛スピードで宙に飛びながら走ることから「空飛ぶヨット」と言われています。空を飛ぶ姿はダイナミックで、「おお!」と思わず歓声が漏れてしまうほど。

 

 

TOPIC 2
辛くても夢があるから乗り越えられる。ナクラ17級を続ける理由。

『梶本選手、川田選手がセーリングを始めたきっかけを教えてください』

 

梶本選手:小学3年生のとき、住んでいた横浜の広報誌に「ジュニアヨット教室」の募集が掲載されていたことがきっかけです。それを見た母が知らない間に応募していました。兄と弟がいるなか、なぜか私が抜擢されて(笑)。

ただ、一回体験してみたら「なんて面白いスポーツなんだろう」と衝撃を受けて、そこからどんどんハマっていったんです。今では、ヨットなしの人生なんて考えられません。母に感謝しなきゃですね。

 

川田選手:父がヨットをやっていたので、赤ちゃんの頃から海に出ていました。クルージングをしたり、クルーザーの上で釣りをしたり。物心ついてからもだいたい月1回くらい海に遊びに行って、楽しく過ごしていました。

ただ、自分がヨットをやり始めるきっかけになったのは、梶本と同じく横浜の広報誌です。これまた同じく、小学3年生のときに母が勝手に応募をして…(笑)。最初は教室に行きたくないと思う日もありましたが、3年くらい続けてだんだん面白さが分かってきました。

 

『お二人とも、小学3年生のとき、お母さんがきっかけで始められたんですね。なぜペアを組むことになったのでしょうか?』

 

梶本選手:私は、2016年のリオを目指して練習に打ち込んでいたんですが、出場が叶わず…。悔しくて競技から離れ、何もしていなかったときがあったんです。そのタイミングで、川田から「一緒に組んでナクラ17級をやろう」と誘いを受けました。

もともと小学生のときから試合で顔を合わせていて。「やるのだったら、自分のことを分かってくれている人とトップを目指したい」という思いから、一緒に組むことに決めました。

 

川田選手:そうですね、2017年3月に僕から声をかけました。もともと僕、2008年の北京出場を目指していたのですが、敗退してしまって。それを機に引退して、2015年まで内科医として働いていたんです。ただ、どうしても出場する夢を諦めきれず……。

そこで2016年に休職して、セーリング競技に復帰しました。「一緒にヨットに乗って勝てる相手と組みたい」という思いから、実力の高い梶本を誘って今に至ります。

『日頃、どのようなトレーニングをされていますか?』

 

梶本選手:だいたい週5日で、1日3〜4時間ほど海に出ています。ただ、練習の前後にヨットの組み立てと片付けがあるので、ヨットハーバーにいる時間は6〜7時間ほどです。

 

川田選手:練習が終わったあとは、家事をこなしてジムに行きます。大きなパワーをつけるトレーニングを中心に、2時間ほどですかね。

 

『勝利を掴むため、多くの時間をセーリングに捧げているんですね。ツラいことや辞めたいと思ったことはありますか?』

 

梶本選手:辞めたいと思ったことはありません。通年練習しているので、冬の海は寒くてツラいのですが、あとは、やっぱり負けるのも心にダメージがきますね。でも、マイナスな気分でいるときも、海に出て風に当たると忘れて夢中になれます。

何があっても根底に「セーリングが好き」という気持ちがありますので、これまで続けられましたし、これからも突き詰めていきたいな、と思っています。今の目標は、2020年の五輪に出場することです!

川田選手:僕は、練習しても実力が伸びず、勝てないときがツラいです。実際、北京に出場できなかったときも、「負けた原因が分からないから、これ以上練習してもうまくならない」と思い、一度は引退しました。

今は、「負けた原因は何か?」を追求し、それを打破するために試行錯誤しています。海外選手を研究したり、梶本と意見を出し合ったり、課題を克服する過程がとても楽しいです。

 

TOPIC 3
競技者としての人生。SPIC[スピック]との関わり。

artycle07 artycle08

2018年9月9日〜16日の期間に開催された「セーリング ワールドカップシリーズ 江の島大会 2018」に梶本・川田ペアが出場。Lypo-C[リポカプセル]ビタミンCを製造・販売している株式会社SPIC[スピック]代表の芝田崇行は、本大会の競技ボランティアリーダーとして、選手たちをサポート。地元湘南の競技大会をボランティアとして支援する一方、自身も江の島ヨットクラブに所属、セーリングスポーツを楽しむ。

芝田:江の島大会、お疲れさまでした!風が良く吹いていたので、スピードも出ましたよね。

 

梶本選手:そうですね、速くてエキサイティングなレースでした。

 

芝田:全選手が全力で勝利を掴み取ろうとする姿、ボランティアリーダーとして間近で見られて感無量です。

 

川田選手:僕たちは無事でしたが、スピードが速くなるぶん、怪我をしていた選手も多くいましたね。

 

芝田:そうですね、中にはふくらはぎをザックリと切る大ケガしてしまった選手もいました。お二人は、安全にセーリングをするために、日々意識されていることはありますか?

 

梶本選手:「判断力を鍛えること」です。最高速で50kmを超えるスピードが出るナクラ17級は、一瞬の判断ミスが命取りになるので。日々の練習の中で、「雲の動き」「波の様子」「風の強さ」などを見ながら、判断力を養っています。

 

川田選手:僕は、トレーニングですね。バランスが悪い中、大きなパワーを使って正確な動作をしなくてはいけないので。ジムに通い、振動するマシンに乗り、ゴムチューブを引っ張るトレーニングをするのが日課です。

 

芝田:川田さんはナクラ17級を始めてから、身体を鍛えて10kg増量されましたよね?

 

川田選手:そうですね、息をするように、いつも身体を鍛えています(笑)。例えば、揺れが大きい電車に乗ったときは、つり革に掴まらずに体幹を鍛える、など。

 

芝田:日々の努力無く、ナクラ17級をエンジョイできず!そういえば「リポC」も飲んでくれていましたよね。

 

梶本選手:はい、ナクラ17級はかなりの体力を使う競技なのですが、疲れが溜まらない気がしています。

 

芝田:嬉しいです。高濃度ビタミンCはセーリングと非常に相性が良く、持久力やスタミナの維持、体力回復、あとは日焼けを抑えて紫外線のダメージから肌を守ってくれる効果が期待できるのです。

 

川田選手:そうだったのですね、これからも飲み続けたいと思います。

 

TOPIC 4
ヨットに捧げる。セーリングを通じた生き方。

芝田:最後に、お二人に聞いてみたいと思っていた事があります。今後の人生において、セーリングを通じてどんな生き方をしたいですか?

 

梶本選手:「かけがえのないヨット仲間たちと、セーリングを通じて充実した毎日を過ごしていきたい」これに尽きます。仲間といっても、一緒にヨットに乗るとか、チームになって動くとかっていうわけではないんですよね。

ヨットハーバーで練習の準備をしていたら、「調子はどう?」「今日は風が少し足りないね」と、初対面の人でも自然に話しかけてきてくれるのです。そんなヨットを通じた人とのつながりが大好きで、セーリングをしていてよかったと思える、大切なたいせつな財産です。

これからも、そんなかけがえのないヨット仲間たちと、セーリングを盛り上げていけたらと考えています。引退したとしてもサポート側に回って、まだまだ知名度が低い「ナクラ17級」を日本中に広めたいと思っています。

 

川田選手:僕は、「後悔しないように、全力でヨットをやりたい」です。

どんなに安全策を取っていても、生き物は必ずいつか死を迎えます。人生は有限なので、本当にやりたいことから目を背けて安定した日常を選んでいたら、やりたいことに挑戦できる可能性がどんどん減少するでしょう。そんな生き方をしていたら、いざ死に際を迎えたとき、いちばん後悔するかな、と思うのです。

「この道に進んだら後戻りはできないかもしれない」「この選択をしたら収入が下がってしまうかもしれない」。このようなリスクがあったとしても、「いい人生だった」と思えるように、恐れることなく過ごしたい、と思います。だからこそ、セーリングを全力で楽しんで、今日を全力で生きたいです。

 

実は、2020年の五輪が終わった後は、医者に戻ろうかと思っています。でも、セーリングには一生関わりたいと思っていますので、空いた時間を見つけてサポート側に回るつもりです。少しでも多くの人が全力でナクラ17級に挑戦できるよう、競技を続けられる環境を整えていきます!

 

最後に、梶本選手と川田選手にお尋ねしました。
『セーリング競技が、ご自身の人生に届けてくれたメッセージは?』

梶本選手:「楽しみながら挑戦!!」 川田選手:「悔いのない今日を」

 

「セーリングが好き」という想いが原動力となり、ナクラ17級に取り組んでいる梶本・川田ペア。セーリングについて熱く語る両選手は、本当にイキイキとしていました。株式会社SPIC[スピック]は、これからも大きな目標に向かって走り続ける梶本・川田ペアを応援します。

 

梶本 和歌子選手 (Wakako Kajimoto)

1983年生まれ。ジュニアからセーリングを始め、1人乗り/2人乗り、ヘルム/クルー、水中翼付きヨットまで、幅広く活躍。 福岡第一高校でインターハイ・国体・全日本選手権優勝、第一経済大学で全日本学生ヨット選手権優勝、470全日本選手権2位・女子優勝を飾る。470級女子でロンドン五輪代表、ワールドランキング1位に上りつめる。 2015-2016年にはナクラ17級の日本唯一のチームとしてリオ五輪を目指して活動。2016年にはモス級(水中翼付き1人乗り)の世界選手権女子優勝。セーリングキャリアの中で、掴み残した目標、オリンピックメダル獲得に向け活動中。
日本セーリング連盟指定強化選手

 

川田 貴章選手 (Takaaki Kawata)

1983年生まれ。ジュニアからセーリングを始め、麻布高校で一人乗り種目で国体・全日本選手権優勝。 東京大学理科3類に入学後、470級ヘルムとして、北京五輪を目指し世界選手権で活躍。 引退後、内科医として働きながら、セーリング競技審判として活動。 セーリング競技への思いは消えることなく、2016年、休職し、競技に復帰。次世代艇での勝利の鍵である、ヘルムを理解したクルーが不足していることを痛感し、自ら道を切り拓くべく、クルーに転向した。
日本セーリング連盟ルール委員会、日本470級協会理事、A級審判、日本セーリング連盟指定強化選手、東京都認定アスリート

 

株式会社SPIC [スピック]

SPIC[スピック]のミッションステートメントは「未来の健康を、つくる」。
近年では特に、ビタミンCがもたらす「新しい健康」に着目し、海外サプリメント、リポスフェリックビタミンCの唯一の正規代理店としての輸入販売、独自ナノ技術(リポソーム)加工による国産ビタミンCサプリメント、リポカプセルビタミンCの製造・販売、また点滴療法(高濃度ビタミンC点滴等)のリサーチ、啓蒙・普及活動などを行う、ヘルスケアカンパニーです。

 

<医療目的でLypo-Cをご利用の皆様へ>

Lypo-C[リポカプセル]ビタミンCは、元々医療用に開発されたサプリメントです。 現在、その高い浸透率がもたらす「体感」から美容やスポーツなど幅広く高いご支持をいただいております。
「飲む高濃度ビタミンC点滴」と呼ばれるLypo-C[リポカプセル]ビタミンCは、ビタミンCを必要とされる全ての方へ「体感」をお届けしたいという想いからお求めの皆様にお届けしています。
ご了承の上、ご安心して治療のご利用いただければ幸甚です。

 


この記事が良いと思ったらSNSでいいね!もしくはシェアしてください。
記事の引用は歓迎します。引用元を明記してご利用いただければ幸いです。
それでは、また別の記事でお会いしましょう。


 

<掲載アイテム>

国内初日本産伊778う MEDICAL SUPPLEMENT リポ カプセルビタミンC ¥7,200(税別) リポソーム ビタミンC 1,000mg 1箱・30包入(液状タイプ) 名称ビタミンC 含有食品原材料名ビタミンC、レシチン(大豆由来)、アルコール クエン酸ナトリウム、クエン酸内容量185.28g(6.176g×30包)

 

<関連リンク>

 

  • ☆スペシャルコンテンツLypo-C[リポ-カプセル]ビタミンCのはたらきを説明したインフォグラフィックが閲覧できます。
  • ☆SHOP LISTLypo-C[リポ-カプセル]ビタミンCを取扱い、販売する店舗をご確認頂けます。

 

732 View 8 Like & Share
2019年01月08日作成 特集記事
ランク9位

RECOMMEND

推薦記事

オンラインで購入する