Lypo-C VitaminC

MENU

Lypo-C VitaminC

Lypo-C[リポカプセル ]ビタミンCの現場からのメッセージ#1

2018年12月11日更新
Lypo-C[リポカプセル ]ビタミンCの現場からのメッセージ#1
7790 View 0 Like & Share

SUMMARY

  1. ・がんサバイバーとして、病気と戦いながらも、前向きな姿勢で、ヘルスケアの大切さを伝えるメッセンジャー
    ・がんと戦ってきた彼の健康に対する大切な3つのキーワード
記事を読む

健康番組にて全国デビュー、川口健太朗(31歳/男性)
弊社社員から健康感と健康観についてご提案

 

2018年12月01日(金)  20:54分に放送された「生きるを伝える」に弊社社員の川口健太朗が出演しました。

弊社の社員のTV出演をトピックとしてメーカーとしての大切なメッセージをお伝えできれば良いなと思います。

 

民放にて全国デビューした社員のご紹介

株式会社SPIC[スピック]の法人営業担当の川口健太朗(31歳・男性)が出演したのはこの番組です。テレビ東京系の『生きるを伝える』。
毎回、逆境を乗り越えて一生懸命生きている人、あるいは生き抜いた人の生きざまを紹介する、ヒューマンドキュメンタリー番組です。
本人は一切出演の予定を社内に周知しておらず、SPICの社員たちも当日の放送をもって初めて知りました(汗)。

彼の席は、Lypo-CのWebマガジンを発信しているマーケティング部と同じフロアで、毎日隣にいながら、知らせてくれないなんて「水臭いな」と思いつつ、番組の中でなかなか良いことを言っていたのでここにご紹介せざるを得なくなりました。
SPICの社員はTVに取り上げられることが多いのですが、このような企画は過去30年の歴史で初めてです。

 

川口健太朗、がんサバイバーからメッセンジャーへ

彼が番組中に話したいくつかのメッセージを伝える前に、彼の人となりが分かるエピソードをまずお伝えします。
ヘルスケアカンパニーとして、「未来の健康を、つくる」をスローガンとして掲げる弊社SPICに入社してきたのは、ある特別な体験がきっかけとなり、世の中の人の健康を強く願うようになったからのようです。
この文章を書いている私自身が採用面接担当でしたので、最初の履歴書に書かれた言葉を拝借してそのエピソードを紹介したいと思います。ご紹介するのは、当時の応募書類、自己PRの欄になります。

 

<自己PR>
26歳で大腸がんになって良かった!食、心、身体を軸に、健康を考えるようになりました。

 

【食】野菜を中心に自分で調理、栄養を考え勉強しました。フードコーディネーター、食生活アドバイザー、食育アドバイザーの資格を取得しました。去年より、畑を借り家庭菜園をはじめ、今は14種類の野菜を有機栽培しています。

 

【心】向上心や自己成長欲が高く、ビジネス書を中心にモチベーションを上げる読書や、脳科学、心理学と勉強しているうちに、心理カウンセラーの資格(メンタルケア心理士)を取得しました。

 

【身体】昼休みの時間を利用して、ランニングをしています。20〜30分(約4キロ)毎日走ることで体調、体重を管理しています。

 

がんになり、死を意識したことで、いままで以上に時間に対する価値観が高まりました。仕事において、スピード、効率、時間の使い方。時間への意識が高いです。がんによる身体への問題は今のところありません。


次の3月で5年経過し、完治になります。9月、12月、3月にそれぞれ検査の為平日1日お休みさせていただきます。以降は、一年に一度、人間ドックを受けます。

がんサバイバーとして、病気と戦いながらも、前向きな姿勢で、ヘルスケアの大切さを伝えるメッセンジャーとして、強い味方になってくれるだろうということを期待してSPICに入社してもらうことになりました。

 

がんサバイバーとして、病気と戦いながらも、前向きな姿勢で、ヘルスケアの大切さを伝えるメッセンジャーとして、強い味方になってくれるだろうということを期待してSPICに入社してもらうことになりました。

 

川口健太朗のメッセージ

皆、人それぞれ健康観がある人、ない人、あるとしてもその種類や濃淡が異なったりするものだと思います。
がんと戦ってきた彼の健康に対する意識、メッセージは、日頃業務をしている中では、本人が表に出さない大切なキーワードが散りばめられていました。 3つだけご紹介します。

 

川口 (副作用で)吐き気もあって、ある時血を吐いてもう死ぬんだなって思った時に、今まで病気をちゃんと受け入れることが出来なかった(と気付いて)病気と一緒に生きていかなきゃいけないんだって思いました。

 

これまでの流れを断ち切り、新たなことに真剣に取り組む時は皆さん「覚悟」が必要かと思うのですが、川口の場合は「病気と一緒に生きていく」、つまり病気にしっかり向き合うことだったのですね。

 

川口 (できることから)食生活アドバイザーをとって、栄養も自分で勉強して、野菜中心の食生活に切り替えて、(自ら野菜づくりまで始めた)

 

病気に向き合うことで、健康になることを「自分ゴト」として取り組み始めた時に、できることからということで、食を最適化しようという意識が芽生えたのでしょう。
一日3回は摂る食事、そこから得られる栄養素はやはり健康の礎の一つであると、共感できます。最も大切なことは主体的に、積極的に「自ら」動いたことだと感じました。

 

Q:あなたにとって生きるとは?
川口 僕にとって生きるとは健康な生活を送ることです。
食事と運動、それを継続するメンタル、この3つが僕にとって生きることです。病気と一緒に生きていこうと決めてから、健康的に、健康を意識して生きていこうと思ったのが始まりです。

 

まさに、彼にとって「病気に向き合うこと」は、健康を意識するきっかけになったようです。
強い目的を持つことで、これまで見過ごしていたものに気付き大切にする。これは健康に限らず、芸術などとも同じですね。ドボルザークの交響曲第9番「新世界より」の中の、たった一発のシンバルであったり、ダヴィンチの絵画の謎、のようなもので、見えづらくても大切なものを見よう、感じようとするのはニューワールドの入り口となるようです。

 

最近の川口健太朗

あと4ヶ月で寛解を越えて「完治」。大腸がんを克服するとともに、Lypo-Cの法人営業はもちろん、新たな領域にその健康感、健康観を伝えようと躍起です。
最近、私と動いているプロジェクトでは、まず、乾癬や掌蹠膿疱症と言った重篤な皮膚疾患の方々へ高濃度ビタミンCサプリメントを届けようと、権威と呼ばれる先生にアプローチしています。

 

また、ビタミンCの血中濃度を高く維持すると、一部のアルツハイマー型認知症に有効であるという金沢大学の研究論文がきっかけとなり、金沢大学の山田教授に直接アプローチし、金沢へ出張に行きました。

 

我々の夢は、認知症患者さんやその家族に一つの選択肢として、高濃度ビタミンCサプリメントであるLypo-C[リポカプセル]ビタミンCを届けることです。

 

 

View this post on Instagram

 

Good morning ✨ 寝起きボサボサですいません✌ アンジェリカが、乾癬(だけじゃなくお肌全体、健康の為に)毎日飲んでいるもの(^ ^). 糖鎖のゼリー状のサプリメントと、Lyon-CとゆうビタミンC 糖鎖は、免疫力を高めるだけじゃなく、ホルモンバランスの乱れ、腸内環境を整える、、などなど。脳や神経組織にある糖脂質の重要な成分なのです✨✨私たちの体は糖鎖でできているようなもんです. そして、このリポカプセルは、本来なかなか吸収しずらいビタミンCが98パー吸収されるすごい子✨✨若干不味めだけど、そこは気合で✋笑 美容液としてお顔にもぬれますよ☺️. そして、ずっとお気に入りのKUSMI TEA の BB DETOX . 乾癬がひどいときはサフラワーをたっぷり入れたハーブティーをよく飲んでましたよ✨✨. そして、マルチビタミン&ミネラルのサプリ。面倒くさがり屋なので、一気に全部取りたい笑 こんな感じ. なんだかまた天気が悪くてヤダねー みんな体調くずさないようにね✨

道端アンジェリカさん(@angelica_michibata)がシェアした投稿 -

※道端アンジェリカさんが乾癬に悩み、Lypo-Cを摂取してくださっているという情報がヒントとなり、アプローチを開始しました。


※食べるものに気を使う川口ですから、金沢の「優しい」中華そば風花でランチ

 

どちらも始まったばかりのプロジェクトですが、川口なら「できることから」少しずつでも最後はやりきってくれるのではないか?と期待しています。また、そのドリームサポーターとして、会社としても実現に力を入れて参りたいと思います。

 

最後に、川口本人からメッセージを贈り、本号外の締めの言葉とさせていただきます。長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

Lypo-Cを飲む皆様へ川口健太朗からメッセージ

このような形で皆様に紹介していただき、嬉しく思っています。
今回、テレビの都合上お届けできなかったお話があります。それは「がん=死」のイメージを変えたいことです。 時間の大切さや、周りへの感謝、当たり前に生きていることに、 気がついたのは、がんになったおかげです。 なので「がん=キッカケ」だと思っています。

これからも、自身の体験を通じて、 一人でも多くのがんで悩む方のお手伝いをしていきたいです。 今回は、特別に掲載していただき、ありがとうございました。

皆様の未来の健康を願って。

川口健太朗

-----
<医療目的でLypo-Cをご利用の皆様へ>

Lypo-C[リポカプセル]ビタミンCは、元々医療用に開発されたサプリメントです。 現在、その高い浸透率がもたらす「体感」から美容やスポーツなど幅広く高いご支持をいただいております。
「飲む高濃度ビタミンC点滴」と呼ばれるLypo-C[リポカプセル]ビタミンCは、ビタミンCを必要とされる全ての方へ「体感」をお届けしたいという想いからお求めの皆様にお届けしています。
ご了承の上、ご安心して治療のご利用いただければ幸甚です。

-----

 

アンケートのお願い

今後のWebNewsをよりよいものにすべく、皆様のご意見を参考にさせていただければと思います。たくさんのご意見お待ちしております。


アンケートはこちらから
 

 


この記事が良いと思ったらSNSでいいね!もしくはシェアしてください。
記事の引用は歓迎します。引用元を明記してご利用いただければ幸いです。
それでは、また別の記事でお会いしましょう。


 

<掲載アイテム>

国内初日本産伊778う MEDICAL SUPPLEMENT リポ カプセルビタミンC ¥7,200(税別) リポソーム ビタミンC 1,000mg 1箱・30包入(液状タイプ) 名称ビタミンC 含有食品原材料名ビタミンC、レシチン(大豆由来)、アルコール クエン酸ナトリウム、クエン酸内容量185.28g(6.176g×30包)

 

<関連リンク>

 

  • ☆スペシャルコンテンツLypo-C[リポ-カプセル]ビタミンCのはたらきを説明したインフォグラフィックが閲覧できます。
  • ☆SHOP LISTLypo-C[リポ-カプセル]ビタミンCを取扱い、販売する店舗をご確認頂けます。
7790 View 0 Like & Share
2018年12月07日作成 Web Magazine Back Number
ランク2位

RECOMMEND

推薦記事

オンラインで購入する