メディカルサプリメントLypo-C[リポカプセル]ビタミンC

MENU

メディカルサプリメントLypo-C[リポカプセル]ビタミンC

“十分量のビタミンC”で「日焼け」を防ぐ。美白は一日にして成らず。 3月に推奨の飲み方とは?

2019年02月25日更新
“十分量のビタミンC”で「日焼け」を防ぐ。美白は一日にして成らず。 3月に推奨の飲み方とは?
1344 View 0 Like & Share

SUMMARY

  1. ・Lypo-C Web Magazine Feb.22
    ・今回は紫外線対策の基本の「き」となる、「日焼けのメカニズム」とビタミンCの関係をご紹介致します。
    ・リポカプセルビタミンCの日焼け対策は、十分量のビタミンCで活性酸素を中和し、黒いメラニン色素を作らなくても良い環境を作ります。
    ・十分量のビタミンCは、活性酸素を速やかに且つしっかりと中和し、メラニンの生成を抑えることに繋がります。


記事を読む

3月の紫外線は晩夏に匹敵する

もうすぐ3月。週末の土曜の天気は下り坂の地域もあるようですが、日差し暖か、春の足音を感じるころとなりました。柔らかい日差しの印象以上に強くなっているのは紫外線。3月の紫外線は晩夏に匹敵すると言われています。

 

この時期の肌は厳しい寒さや乾燥を乗り越えたばかり。非常にデリケートで紫外線の影響を受けやすい状態であると言われます。

美白ケアは予防ケア。日に焼ける前に始めることが大切です。
今回は紫外線対策の基本の「き」となる、「日焼けのメカニズム」とビタミンCの関係をご紹介致します。

 

<肌にかけるサングラス?>

メラニンの生成(日焼け)とは、日光に当たることによって生成される活性酸素への防御作用です。

紫外線が肌を通過し体内に侵入すると細胞内で活性酸素が発生し、その活性酸素が悪玉となって細胞やDNAを傷つけたり酸化(老化)を進めます。そこで、皮膚は細胞を守るために、黒い色素(メラニン)を作り紫外線を吸収し、ダメージからブロックします。
肌が黒くなるということは、活性酸素から自分を守るために皮膚自らが「サングラス」を作り出し、肌にかけた状態。
これが「日焼け」、つまりメラニンによって肌が黒くなるメカニズムです。 黄色人種のアジア人は、地域的にどちらにも対応できる体質なので、この働きがもっとも優れていると言えますし、そのせいで日焼けによって黒くなることに悩む人種とも言えます。

 

リポカプセルビタミンCの日焼け対策は、十分量のビタミンCで活性酸素を中和し、黒いメラニン色素を作らなくても良い環境を作ります。つまり、活性酸素が生成されなければ、肌は全く黒くなる必要がないのです。

活性酸素を抑えずにメラニンの生成を抑える美白方法は、活性酸素に対して無防備になるため、かえって危険が伴うので注意が必要です。

十分量のビタミンCは、活性酸素を速やかに且つしっかりと中和し、メラニンの生成を抑えることに繋がります。
また、嬉しいことにビタミンCにはメラニンの還元作用もあるので、出来てしまったメラニンの白色化に働きます。紫外線を浴びる前後に十分量のビタミンC摂取をプラスするとベターです。

日光に当たる肌の「前後に作用する」というイメージをこのメカニズムと一緒に理解しておくと、今年の日焼け対策に良い方法が見つかるのではないでしょうか?

「リポカプセルビタミンC」が飲む日焼け止めとして、多くのメディアに紹介されたのは(https://lypo.medsup.jp/news/tag/drinking-sunscreen)、吸収率にこだわる点が、十分量のビタミンCを摂取することに最適と考えていたからに他なりません。
また、ご存知のことと思われますが活性酸素は、身体を酸化させ、細胞にダメージを与え、老化させる原因となります。これは身体のサビとも言われています。「飲むアンチエイジングサプリ」(https://lypo.medsup.jp/news/tag/aging-care)と言われることもあるのはそのためです。

 

<飲む量・飲むタイミング・飲み方のポイント>

ビタミンCの必要摂取量として定められている量は国によって異なりますが、日本の基準は身体の機能維持や壊血病にならないことを目的として定められていると考えられます。 ビタミンCは必要とされている所に段階的に体内利用されると言われており(カスケード理論)、美容目的に利用されるにはより多い方が望ましいです。(美容目的のビタミンCの量は25g(25,000mg)など)

 

Lypo-C[リポカプセルビタミン]Cは、十分量のビタミンCを身体の隅々まで届けることを目的に開発されました。
100nm均一サイズの超微細な生のリポソームに封じ込めたビタミンCは、しっかりと体内にとどまりビタミンCの「体感」をお届けできるかと思います。

 

<3月美白ケアに推奨の飲み方>

ビタミンCは常に体内で消費されているため、紫外線対策で力を発揮するには、その摂取タイミングがポイントとなります。
3月は紫外線対策・日焼け予防として「朝のLypo-C」と美白ケアとしての「就寝前のLypo-C」をおすすめいたします。
屋外でスポーツをする方は、より多くのビタミンC消費が考えられますので、こまめな摂取をお試しください。

 

オレンジやレモンなど柑橘類に多く含まれる「ソラレン」は紫外線の感受性を高めやすくなりますので、朝はソラレンフリーのLypo-Cレシピがおすすめです。

 

ソラレンフリー!人気のリポC認定レシピ01
【Lypo-C×トマトジュース】

artycle01

関連記事
「美白・美肌のための飲み方」
https://lypo.medsup.jp/news/4998

「ビタミンCがシミの原因になるって本当?」
https://lypo.medsup.jp/news/3491

 

Lypo-CビタミンC編集部Review

2月末は、春へのワクワク感と相反して、肌も身体も揺らぎやすく、特に女性は何となくの不調を感じる方が多いようです。
急激な気温の変化、紫外線の増加、花粉の飛散、職場環境の変化など肉体的・精神的ストレスが増加しやすい季節です。ビタミンCが多く消費され欠乏しやすくなります。美白目的でお召し上がりの際にも、ぜひご自分の身体の声に耳を傾けていただき、Lypo-Cをご活用いただければ嬉しく存じます。

Lypo-C編集部 小松美保子

 

<Lypo-C定期購入のご案内>

最近、とてもご好評で多くの皆様が登録されている定期便ですが、定期便にお申し込みいただいている方には、その継続や目的によって、また季節によってプレゼントをご用意しております。この機会に是非ご検討ください。

 

<対面販売を大切にする理由>

Lypo-C[リポカプセル]ビタミンCは対面での販売を基本にしています。
それは、お客様ご自身で選んでいただくことを大切にしたいと考えているからです。
Lypo-Cを販売しているクリニックや事業所では、対面でコミュニケーションを取り、商品の特徴、お一人お一人に合った使い方、そしてなぜそれが必要なのかお伝えしています。
その上でお客様ご自身が判断して購入され、目的や体調に合わせた飲み方を選択していただくこと。 その事こそがこの商品のメリットを最大に享受していただける方法です。

 

<医療目的でLypo-Cをご利用の皆様へ>

Lypo-C[リポカプセル]ビタミンCは、元々医療用に開発されたサプリメントです。 現在、その高い浸透率がもたらす「体感」から美容やスポーツなど幅広く高いご支持をいただいております。
「飲む高濃度ビタミンC点滴」と呼ばれるLypo-C[リポカプセル]ビタミンCは、ビタミンCを必要とされる全ての方へ「体感」をお届けしたいという想いからお求めの皆様にお届けしています。
ご了承の上、安心して治療にご利用いただければ幸甚です。

 


この記事が良いと思ったらSNSでいいね!もしくはシェアしてください。
記事の引用は歓迎します。引用元を明記してご利用いただければ幸いです。
それでは、また別の記事でお会いしましょう。


 

<掲載アイテム>

国内初日本産伊778う MEDICAL SUPPLEMENT リポ カプセルビタミンC ¥7,200(税別) リポソーム ビタミンC 1,000mg 1箱・30包入(液状タイプ) 名称ビタミンC 含有食品原材料名ビタミンC、レシチン(大豆由来)、アルコール クエン酸ナトリウム、クエン酸内容量185.28g(6.176g×30包)

 

<関連リンク>

 

  • ☆スペシャルコンテンツLypo-C[リポ-カプセル]ビタミンCのはたらきを説明したインフォグラフィックが閲覧できます。
  • ☆SHOP LISTLypo-C[リポ-カプセル]ビタミンCを取扱い、販売する店舗をご確認頂けます。
1344 View 0 Like & Share
2019年02月22日作成 Web Magazine Back Number
ランク12位

RECOMMEND

推薦記事

オンラインで購入する