メディカルサプリメントLypo-C[リポカプセル]ビタミンC

MENU

メディカルサプリメントLypo-C[リポカプセル]ビタミンC

夏に強い身体づくり #02 熱中症が起こるメカニズムとその予防

2019年11月20日更新
夏に強い身体づくり #02 熱中症が起こるメカニズムとその予防
149 View 0 Like & Share

SUMMARY

  1. ・ビタミンCによる熱中症予防
    ・熱中症とは?
    ・熱中症の発生する要因は?
    ・熱中症予防×Lypo-C
    ・熱中症の予防にオススメのリポCレシピ
    ・ビタミンCの消費とLypo-C

今年の7月は、関東甲信越地方を中心に梅雨の影響で、記録的な日照不足が続いています。 野菜の生育不良 や夏商戦 の冷え込みなど、私たちの暮らしの様々なところに影響が出てきていますが、ようやく月末には梅雨が明けて気温が上昇し、夏らしい気候になる見込みです。
 
しかし、これまでの梅雨時の涼しさに慣れた身体には、暑さは堪えるものになり、低気温高湿度が続いた後の気温の上昇時は、特に熱中症に注意が必要です。
 
そこで、今回は熱中症のメカニズムと十分量のビタミンCとの関係をまとめましたのでご紹介いたします。
 

ビタミンCによる熱中症予防

熱中症が起こりやすい暑い夏を乗り切るためには、熱中症に負けない強い身体作りが大切です。そのためにLypo-Cを活用して十分量のビタミンCを摂取することは、熱への順化や栄養補給、体調を整えることなどにより、熱中症予防が期待できます。
 
以下では、その理由を熱中症のメカニズムとビタミンCの役割に言及して説明します。
 

熱中症とは?

高温多湿な環境下において、体内の水分や塩分が失われたり、体内の調整機能がうまく働かなくなることで発症する障害の総称です。
 
熱中症になると、次のような症状があらわれます。 
①皮膚血管拡張反応が起こることで、脳に血液が行かなくなり、めまいや失神を引き起こします。 
②発汗反応により、水分や塩分が失われ、けいれんや脱水症状を引き起こします。 
③熱疲労により、頭痛や吐き気、嘔吐、倦怠感などを引き起こします。 

熱中症の発生する要因は?

熱中症の発生要因は、主に環境要因と人体要因の2つがあげられます。
 
①環境要因 
気温や湿度が高いという条件に加えて、風が弱い・日差しが強い・照り返しが強いという環境下では熱中症が起こりやすくなります。 
また、熱中症というと炎天下の屋外をイメージしますが、熱中症で搬送された方の発症場所で一番多いのは「住居」となっています。住居や職場などの室内でも気温や湿度の変化に十分な注意が必要です。 
 
②人体要因 
睡眠不足や二日酔い、風邪気味や発熱など体調不良の時は、熱中症が起こりやすくなります。 また、肥満や運動不足、身体が暑さに慣れていない、水分や塩分の補給不足など、普段の生活習慣に問題があることによっても、起こりやすくなります。
 

熱中症予防×Lypo-C

上述の要因に対し、熱中症予防として、次のようなLypo-CによるビタミンCの働きがあげられます。
 
①熱への順化 
熱に慣れることにより、熱中症になりにくくなりますが、ビタミンCにより自律神経が整えられると、より暑さに対して身体の順応性が高まります。
また、ホルモンの生成にはビタミンCが必要で、アルドステロンというホルモンは汗による塩分の損失を抑えます。塩分が少ない汗はサラサラになり、蒸発や気化しやすくなるので、気化熱の効果で体温を下げやすくなります。
 
②水分・塩分およびビタミンCの補給 
汗をかくことにより失われる体内の水分や塩分を補給することにより、熱中症予防になります。Lypo-Cには、水分・塩分も含まれていますので、失われた水分や塩分も補給できます。また、暑さによるストレスによってもビタミンCが消費されるので、ビタミンCの補給もできます。
 
③体調を整える 
体調を整え、熱中症に負けない強い身体作りをすることも大切です。
 
●睡眠不足 
睡眠障害は、身体がストレスを感じると分泌される抗ストレスホルモンの「コルチゾール」によって交感神経 が優位に働くことが起因します。ビタミンCの摂取は「コルチゾール」の分泌を抑制し、質のいい睡眠に改善することが期待できます。
 
●夏風邪 
クーラーなどで冷えた室内と屋外の温度差・湿度差が大きいと自律神経が乱れ、体温調節機能がうまく働くなり、免疫力が低下し、風邪をひきやすくなります。 ビタミンCには、免疫を担う「白血球」を活性化する力があるので、ビタミンCを補給し、免疫力を高めることで、 夏風邪を予防し、ウイルスや細菌などの病原体を排除することが期待できます。
 
●二日酔い 
アルコール代謝の過程で発生する「アセトアルデヒド」は、あらゆる悪酔い症状(頭痛や発汗、血管内脱水、吐き気など)の原因となります。飲酒の前後での十分量のビタミンC摂取はアセトアルデヒドの代謝や、血中アルコールの分解を促進し、飲酒による脱水や二日酔いの症状を軽減します。
 

熱中症の予防にオススメのリポCレシピ

熱中症予防には、体温を下げ、十分な水分を摂ることも大切です。是非レシピをご活用して、水分と十分量のビタミンCを補給していただければ幸いです。
 
【Lypo-C×スポーツドリンク】 
 
ビタミンCと一緒飲むことで、発汗などで失われた水分も補給して脱水症状のケアをしましょう。 


Lypo-C×スポーツドリンク

 
【Lypo-C×梅干し×炭酸水】 
梅干しに含まれるクエン酸は糖や脂肪を代謝してエネルギーを生み出し、ミネラルの吸収を高め、疲労回復をサポートします。また、炭酸水は水よりも吸収が早いと言われており、Lypo-Cとの組み合わせは、熱中症予防の強い味方です。※梅干しの量はお好みでご調整ください。
 

ビタミンCの消費とLypo-C

ビタミンCは生命維持に重要な臓器や組織に優先的に働くため、脳を酷使したり、過度なストレスがある場合には、ビタミンCはその回復に優先的に消費されてしまいます。熱中症になるような暑さは、身体的なストレスとなり、ビタミンCも多く消費されてしまいます。その様な環境では、いつもより多めにLypo-Cをお召しあがりいただき、十分量のビタミンCを摂取していただければ幸いです。
 
 
参考文献:「熱中症が発生する原理と有効な対策」


Lypo-CビタミンC編集部Review
熱中症にはビタミンCによる予防が期待できますが、熱中症の原因となる環境を変えることも大切です。
 
もし、熱中症かな?という症状を感じたら、はやめに涼しいところへ移動して水分や塩分を補給しましょう。
 
屋外だけでなく、調理中のキッチンやお風呂場、洗面所は熱がこもりやすく湿気もありますので、そういった場所でも熱中症に注意し、はやめの対処を心掛けていただければ幸いです。
 

小松美保子

<Lypo-C定期購入のご案内>

最近、とてもご好評で多くの皆様が登録されている定期便ですが、定期便にお申し込みいただいている方には、その継続や目的によって、また季節によってプレゼントをご用意しております。この機会に是非ご検討ください。

 

<対面販売を大切にする理由>

Lypo-C[リポカプセル]ビタミンCは対面での販売を基本にしています。
それは、お客様ご自身で選んでいただくことを大切にしたいと考えているからです。
Lypo-Cを販売しているクリニックや事業所では、対面でコミュニケーションを取り、商品の特徴、お一人お一人に合った使い方、そしてなぜそれが必要なのかお伝えしています。
その上でお客様ご自身が判断して購入され、目的や体調に合わせた飲み方を選択していただくこと。 その事こそがこの商品のメリットを最大に享受していただける方法です。

 

<医療目的でLypo-Cをご利用の皆様へ>

Lypo-C[リポカプセル]ビタミンCは、元々医療用に開発されたサプリメントです。 現在、その高い浸透率がもたらす「体感」から美容やスポーツなど幅広く高いご支持をいただいております。
「飲む高濃度ビタミンC点滴」と呼ばれるLypo-C[リポカプセル]ビタミンCは、ビタミンCを必要とされる全ての方へ「体感」をお届けしたいという想いからお求めの皆様にお届けしています。
ご了承の上、安心して治療にご利用いただければ幸甚です。

 


この記事が良いと思ったらSNSでいいね!もしくはシェアしてください。
記事の引用は歓迎します。引用元を明記してご利用いただければ幸いです。
それでは、また別の記事でお会いしましょう。


 

<掲載アイテム>

国内初日本産リポソーム MEDICAL SUPPLEMENT リポ カプセルビタミンC ¥7,200(税別) リポソーム ビタミンC 1,000mg 1箱・30包入(液状タイプ) 名称ビタミンC 含有食品原材料名ビタミンC、レシチン(大豆由来)、アルコール クエン酸ナトリウム、クエン酸内容量185.28g(6.176g×30包)

 

<関連リンク>

 

  • ☆スペシャルコンテンツLypo-C[リポ-カプセル]ビタミンCのはたらきを説明したインフォグラフィックが閲覧できます。
  • ☆SHOP LISTLypo-C[リポ-カプセル]ビタミンCを取扱い、販売する店舗をご確認頂けます。
149 View 0 Like & Share
2019年07月22日作成 Web Magazine Back Number
ランク64位

RECOMMEND

推薦記事

オンラインで購入する