メディカルサプリメントLypo-C[リポカプセル]ビタミンC

MENU

メディカルサプリメントLypo-C[リポカプセル]ビタミンC

夏に注意したい汗のニオイ、大人のニオイ デオドラントケアとビタミンCの意外な関係

2019年11月20日更新
夏に注意したい汗のニオイ、大人のニオイ デオドラントケアとビタミンCの意外な関係
123 View 0 Like & Share

SUMMARY

  1. ・夏に気になる汗のニオイの原因は?
    ・大人が気になる「加齢臭」、夏は特に注意
    ・日頃から気をつけたいデオドラントケア
    ・十分量のビタミンCによるケア

8月になり、夏本番の本格的な暑さがやってきました。
 
暑さに伴い、汗をかくことも増え、汗のニオイが気になる方も多いのではないでしょうか。
 
特に満員電車やエレベーターなど狭い空間に人が密集する場所では、自分あるいは他人のニオイが気になり、不快に感じる人が多いようです。
 
そもそも体から発せられるニオイには、主に2つの原因があります。
 
①温度調整のためにかく汗によるニオイである汗臭
 
②体の酸化が進んだことによるニオイである加齢臭
 
今回のマガジンではこの2つに焦点をしぼり、ニオイが発生するメカニズムとビタミンCの関係をまとめました。
 

夏に気になる汗のニオイの原因は?

温度調整のためにかく汗は、本来余分な成分を含まない水に近いもので、ニオイがなくサラサラしています。
 
しかし、汗腺の機能が低下していたり、疲労やストレスが蓄積していると塩分が増え、ベタベタになります。その汗に含まれる成分と皮脂や皮膚の常在菌(私たちの皮膚に常に存在する微生物)が結びついてニオイの原因になります。
 
汗が関係するニオイの原因で有名なのが「汗臭さ」や「ミドル脂臭」※の原因とも言われるニオイ成分「ジアセチル」です。汗に含まれる乳酸(疲労によって増える)と皮膚の常在菌であるブドウ球菌が結びつき代謝・分解されることでできるニオイ成分です。
 
このニオイ成分「ジアセチル」は性別や年齢に関係なく出ていて、疲労やストレスの影響により乳酸が汗に含まれるようになることで、増加します。つまり、汗のニオイは生活習慣の乱れや疲労やストレスによるところが大きいのです。
 
※ミドル脂臭:後頭部を中心に発生し、30代半ばから50代半ばに強く出るニオイでジアセチルと皮脂由来の中鎖脂肪酸が混ざることで発生します。
 

大人が気になる「加齢臭」、夏は特に注意

汗とは別の原因、主に加齢によって発生するのがいわゆる「加齢臭」です。
 
加齢やホルモンの変化により、皮膚の潤いを保つ皮脂を作りだす「皮脂腺」の中にある脂肪酸が増加し、同時に過酸化脂質(酸化した脂質)も増えはじめます。その脂肪酸と過酸化脂質が結びつき、分解や酸化されることで出来るのが、加齢臭の元である「ノネナール」というニオイ成分です。
 
「ノネナール」は男女に関係なく、上述のように脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことで、40代後半くらいから発生すると言われています。(ただし、女性に比べ皮脂量の多い男性のほうがより注意が必要です。)
 
また、年齢だけでなく暑い夏の季節は皮脂量が増えるため、より「ノネナール」が発生しやすくなります。
 
皮脂量の増加や皮脂の「酸化」が原因であるため、皮脂そのものを除去するか、皮脂の酸化を防ぐことが加齢臭の軽減や予防につながります。
 

日頃から気をつけたいデオドラントケア

前述のようにニオイを強くしてしまう代表的な要因は
①汗臭では、「汗腺機能の低下」「疲労やストレス」
②加齢臭では、「皮脂そのもの」「皮脂の酸化」
が挙げられます。
 
これに対するデオドラントケアのために日頃から気をつけたい点は下記になります。
 
・運動や入浴などで汗腺の機能を高め、サラサラの汗をかきやすくすること。 
・日頃から疲労やストレスをためないようにすること。 
・抗酸化物質である栄養素を含む食品を多く摂ること。 
・シャワーや入浴で、余分な皮脂や汗を洗い流し、体を清潔に保つこと。 
 
このように、日頃からの生活習慣や汗や皮脂に対するケアがニオイ対策には大切です。そしてさらに、ご活用いただきたいのが十分量のビタミンCによる内側からのデオドラントケアです。ビタミンC自体がニオイ対策になるわけではありませんが、ニオイの原因やケアのサポートとしてご活用いただき、内側からのケアに役立てていただければと思います。
 

十分量のビタミンCによるケア

ビタミンCによるデオドラントケアは以下のことが期待できます。
 
①汗腺の機能 
 
汗腺の機能は繰り返し汗をかくことによって高まります。運動や入浴によって発汗した後は、発汗により失われた塩分やビタミンCを補給しましょう
 
②ストレス緩和 
 
人体にはストレスを感じると抗ストレスホルモン(コルチゾール)を放出、ストレスを緩和させる仕組みがあります。この抗ストレスホルモンを体内合成するために、ビタミンCが大量に必要とされるため、ストレス環境下ではビタミンCが激しく消費されます。
 
十分量のビタミンCを摂取することは、ストレス防御態勢を維持し、ストレスによる心身の負担を軽減を期待できます。
 
③疲労回復 
 
疲労感のある身体では、例外なく「活性酸素」が大量に発生しています。
 
疲れたときは体内の活性酸素が除去しきれず、疲労を回復する力も下がるという悪循環に陥ってしまうため、抗酸化作用のあるビタミンCを補給して活性酸素を減らすことは疲労回復も期待できます。
 
④皮脂の酸化 
 
ビタミンCは、高い抗酸化力があり、酸化の原因となる活性酸素の発生を抑え、できてしまった活性酸素を中和します。体内をそして細胞を十分量のビタミンCで満たすことで、皮脂の酸化を軽減することが期待できます。
 
より効果的に デオドラントケアでLypo-Cをご活用いただくためにおすすめのレシピをご紹介いたします。
 
【Lypo-C×梅干し×炭酸水】 
 
梅干しとLypo-Cに含まれているクエン酸は汗のニオイを抑える成分です。Lypo-Cによる皮脂の抗酸化と相乗効果で、夏のニオイを予防する最強とも言える組み合わせです。梅干しの量はお好みでご調整ください。
 


Lypo-CビタミンC編集部Review
 
中医学の世界では、臭いで病気を診断することがあるそうです。
 
身体のニオイは健康状態のバロメーターでもあり、口にする物や生活習慣の影響が現れるのです。
 
病気が原因で特有のニオイが出ることもありますので、日常と違うニオイを感じるようになったら、医師に相談しましょう。
 
ニオイはもとより“身体のケア”をするといった観点からも、今回のトピックがお役に立つことができましたら幸甚です。
 

小松美保子

<Lypo-C定期購入のご案内>

最近、とてもご好評で多くの皆様が登録されている定期便ですが、定期便にお申し込みいただいている方には、その継続や目的によって、また季節によってプレゼントをご用意しております。この機会に是非ご検討ください。

 

<対面販売を大切にする理由>

Lypo-C[リポカプセル]ビタミンCは対面での販売を基本にしています。
それは、お客様ご自身で選んでいただくことを大切にしたいと考えているからです。
Lypo-Cを販売しているクリニックや事業所では、対面でコミュニケーションを取り、商品の特徴、お一人お一人に合った使い方、そしてなぜそれが必要なのかお伝えしています。
その上でお客様ご自身が判断して購入され、目的や体調に合わせた飲み方を選択していただくこと。 その事こそがこの商品のメリットを最大に享受していただける方法です。

 

<医療目的でLypo-Cをご利用の皆様へ>

Lypo-C[リポカプセル]ビタミンCは、元々医療用に開発されたサプリメントです。 現在、その高い浸透率がもたらす「体感」から美容やスポーツなど幅広く高いご支持をいただいております。
「飲む高濃度ビタミンC点滴」と呼ばれるLypo-C[リポカプセル]ビタミンCは、ビタミンCを必要とされる全ての方へ「体感」をお届けしたいという想いからお求めの皆様にお届けしています。
ご了承の上、安心して治療にご利用いただければ幸甚です。

 


この記事が良いと思ったらSNSでいいね!もしくはシェアしてください。
記事の引用は歓迎します。引用元を明記してご利用いただければ幸いです。
それでは、また別の記事でお会いしましょう。


 

<掲載アイテム>

国内初日本産リポソーム MEDICAL SUPPLEMENT リポ カプセルビタミンC ¥7,200(税別) リポソーム ビタミンC 1,000mg 1箱・30包入(液状タイプ) 名称ビタミンC 含有食品原材料名ビタミンC、レシチン(大豆由来)、アルコール クエン酸ナトリウム、クエン酸内容量185.28g(6.176g×30包)

 

<関連リンク>

 

  • ☆スペシャルコンテンツLypo-C[リポ-カプセル]ビタミンCのはたらきを説明したインフォグラフィックが閲覧できます。
  • ☆SHOP LISTLypo-C[リポ-カプセル]ビタミンCを取扱い、販売する店舗をご確認頂けます。
123 View 0 Like & Share
2019年08月07日作成 Web Magazine Back Number
ランク69位

RECOMMEND

推薦記事

オンラインで購入する