MENU

Lypo-C × ストレスと免疫力 Vol.2

2020年06月10日更新
Lypo-C × ストレスと免疫力 Vol.2
467 View 0 Like & Share

SUMMARY

  1. ・医師と一般消費者の認識の違い、「摂取量」「吸収量(吸収率)」
    ・さまざまな摂取方法について
    ノンリポソームのビタミンCとリポソームのビタミンC
    ・PRIMAL PANACEA「究極の万能薬」~ビタミンCの真実~ご紹介
    ・4月版tryout ~ Boost your immunity(免疫を活性化させよう)~

前号では、ストレスと免疫力の関係、そのサポートをする栄養素の一つとして、ビタミンCのお話を中心にお届けしました。
今号では、改めて摂取方法についてお考えいただくきっかけとなる情報をお伝えします。

「いつも以上に健やかに、健康状態を保ってもらいたい。」

そのような想いから、我々ができると事の一つとして、恒例のtryoutの内容といたしました。
是非、皆さまの生活のヒントとしてお役立ていただければ心から幸いです。

 


特に理解していただきたいのは、摂取量と吸収量(吸収率)、それからタイミングです。

 

ビタミンCを活用するための大切なキーワード
摂取量・吸収量(吸収率)

2018年4月4日、弊社ではビタミンCの日を記念して、ビタミンCに関するアンケートを実施しました。一般消費者向けのアンケートと並行して、医師に向けて個別にアンケートを実施しましたのですが、医師と一般の方のビタミンCに対する意識と選択の違いがわかる結果となりました。

医師と一般の方の違いは、一言でいうと摂取量と吸収量への認識です。

【アンケート調査結果まとめ】

・1日のビタミンC摂取量について、医師の半数以上が「2,000mg以上」と答えたのに対し、一般消費者の半数は「1,000mg未満」と答え、倍以上の開きが出ました。

・ビタミンCの摂取方法により吸収率が異なることについて、医師は95%が知っていると答え、一般消費者は半数以上が知らないと回答しました。

・医師推奨のビタミンC摂取方法は「医療機関でのビタミンC点滴」「医療機関処方のビタミンC剤」。しかし一般消費者がこれらを利用する割合は5%未満でした。

<調査に関する記事>

医師と消費者、ビタミンCの認識に大きな開き。
医師が有効と考える摂取方法の利用者はわずか5%未満。
https://lypo.medsup.jp/news/4447

医師と、一般との認識の差。
この点について、抑えておくと良いと思われる重要なエッセンスを引用しつつお伝えします。

“経口の場合、一度の摂取量を増やせば増やすほど、吸収率が低下すると言う特徴がある。1日1,000mgを上回って摂取した場合は、吸収率が半分以下になる”

(ご参考)厚生労働省『「統合医療」に係る情報発信等推進事業』


“ビタミンC点滴は、直接血中のビタミンC濃度を高めます。検査や問診により医師による適切な量のビタミンCやその他の栄養素も補う事が可能であり、医師が選ぶ有益なビタミンC摂取方法の1つです。”

(ご参考)「奇跡を起こす 点滴でアンチエイジング」/柳澤 厚生医師 著


“リポソームカプセル化されたビタミンCは、経口投与でありながら、厳密に言えば点滴をも上回る生体利用率を兼ね備えている。言い換えれば、経口摂取でありながらビタミンC点滴に匹敵する効果を持っています。”

(ご参考)PRIMAL PANACEA 「究極の万能薬~ビタミンC の真実~」/トーマス・E・レビ ー博士著

リポソームカプセル化されたビタミンCに言及したこところで、ノンリポソーム、いわゆる「裸のビタミンC」についてはサプリメントの場合、どのように摂取するのが理想なのでしょうか?
ご紹介しながらリポソーム型のビタミンCサプリメントと併記してお伝えします。

●ノンリポソームのビタミンC サプリメント摂取方法

リポソーム化されていないビタミンC の場合、経口摂取では量を摂れば摂るほど吸収率が 低下します。1,000mg 以上の摂取の場合、吸収率は50%以下に減少してしまいます。その ため、1 日3~5 程度の回数に分けての摂取が推奨されています。

また、ビタミンC にはどんなに大量に摂取しても吸収できる限界(飽和限界)があるた め、体がビタミンC を多く必要としている状態では、十分量を満たすことが難しく、点滴 との併用などが必要です。

※米国立衛生研究所によると、大量にとってもその大部分は代謝されてしまうので経口で は、1 リットルあたり65mg が、血中のビタミンC 濃度の飽和限界とされています。

●リポソーム型ビタミンC サプリメント摂取方法

上述したようにビタミンC は口から摂取しても吸収されにくく、体外に排出されやすい栄養素です。このビタミンC の弱点を補うために、開発されたのがリポソーム化されたビタ ミンC です。

細胞膜と同じ脂質2 重層でできた人工細胞膜であるリポソームは、元々医療の現場におい て抗がん剤などの薬剤を効率よく届けるための薬の「運び屋」(DDS[ドラッグデリバリー システム])として利用されてきました。このリポソームで包まれたビタミンC がリポソー ム化ビタミンC です。

リポソームに包まれていない裸のビタミンC(ノンリポソームのビタミンC)は、消化管 の特定の孔(あな)を通って体内に吸収されます。そのため、一定量超えると孔で渋滞が 起きて、どんどん吸収率が悪くなってしまいます。しかし、リポソーム化されたビタミン C は特定の孔を通らず腸壁より直接吸収され、スムーズに血中まで進むことができます。 そしてリポソームは程よく血中に滞留し、細胞まで到達すると細胞膜と同化をし、効率よ く細胞の中にビタミンC を届けます。

リポソーム化されたビタミンC は、血中の飽和限界(220 マイクロモル)を超えて、ビタミ ンC 濃度を長期間維持する能力があることがわかっております。




大切な時期。
ストレスで免疫力を下げないでください。

ビタミンCの効率的な摂取方法についてご紹介した上で、そのビタミンCを無駄なく生体利用する上でストレスが大敵だと言うことをご認識ください。
私たちの体は、ストレスにさらされると多くのビタミンCを消費するからです。

先日、都市封鎖、外出禁止となっているパリに住む友人と電話で話したときの事、「どんな時でも楽観主義でいようと思う。」という一言に安心しました。
このウィルスに対して自分ができることと、そうでないことを明確に分け、心のあり方を考えることでどうにもならないことへの不安がなくなり、問題が起きぬよう自分でコントロールできることに集中することが余計なストレスを感じないためにできることの一つかと思います。

ビタミンCは、食事に気をつけて野菜や果物を積極的に食べても、1度に吸収される量の上限もあるため、必要量、十分量を細胞に届けることが難しい栄養素です。

Lypo-C[リポカプセル]ビタミンC は、吸収率にこだわり、細胞まで届けることを目指して開発いたしました。

「まとめ飲み」にも適していますので、ご自身の体調や肌の状態、飲んだ時の「体感」、 翌日の「変化」を目安に、「足りない」と思ったら、ご自分に合った適正量をお召し上がりください。

ストレスへのビタミンC の作用は、前述でお伝えしたとおりです。

この大切な時期、免疫に対して適切にビタミンC を作用させるため、不要なストレスでビタミンC が消耗しないよう、こころ穏やかに過ごすようお願いします。

“ビタミンCの摂取量を決定するもう一つの方法は、単純に身体が発している信号に注意し、「あまり調子がよくない」と感じるときは、多くの場合は摂取量を増やすことです。健康だと感じるようになり、ビタミンC摂取量を増やしてもそれ以上の改善がみられなくなった場合は、ほぼ間違いなく体に必要なビタミンCを十分摂っているということになります。”

~トーマス・E・レビー博士~
PRIMAL PANACEA 「究極の万能薬~ビタミンC の真実~」

ストレスケアサポートのための
#リポカプセル認定レシピ

Lypo-C×豆乳(豆乳ヨーグルト)



大豆に含まれる「トリプトファン」は「幸せホルモン」と言われるセロトニンの原料となるため、抗ストレス作用のあるビタミンCの組合せとなる本レシピは、ストレスケアに最適です。十分量のビタミンCは副腎から分泌される「抗ストレスホルモン」の原料となります。

ビタミンCを十分量摂る生活習慣が、「からだの声」を聞くきっかけとなり、早めのストレスケアや免疫力のサポートなど、健康度を高めるお手伝いができれば幸甚です。


<参考文献>

厚生労働省『「統合医療」に係る情報発信等推進事業』

「奇跡を起こす 点滴でアンチエイジング」
主婦の友社 著者 柳澤厚生医師

PRIMAL PANACEA 「究極の万能薬~ビタミンCの真実~」
トーマス・E・レビー博士

<関連する過去記事>

「Lypo-C × ストレスと免疫力 Vol.1」
「(続報)ビタミンCによる感染症対策の可能性と事例。」(翻訳)
寒さに負けない体作り 生活習慣と 時々、ビタミンC
「医師と消費者、ビタミンCの認識に大きな開き。医師が有効と考える摂取方法の利用者はわずか5%未満。」
「こだわり#03 摂取量よりも、届く量。違いを知る。 リポソームを知る。」

 


Lypo-CビタミンC編集部Review
最近twitterでPRIMAL PANACEA 「究極の万能薬~ビタミンCの真実~」に関して ご興味を持ってくださる方がいらっしゃる事を知りました。

小松美保子

 

ビタミンCは、人間にとって大切な副栄養素であり、少なくとも日本においては、決して薬ではありません。
しかし、ビタミンCは40にも及ぶ多様な作用と働きを持っていると言われており、今だからこそビタミンCの特徴や多様な可能性は知っていただきたい内容でもあります。
必要とされる方に、皆さまの健康への願いと共に情報がお届けできましたら幸甚です。


PRIMAL PANACEA
「究極の万能薬-ビタミンCの真実-」

本書籍は、多くの臨床を経てビタミンCを万能薬と語る、トーマス・E・レビー博士の研究がまとまっている内容となります。美容分野のみならず、治療分野でも用いられる医師の方だけでなく、一般の方にとってもまさにビタミンCのバイブル、または決定版となっております。
お取り扱いクリニックや美容サロンなどに置かれている他、公式サイトでご購入できます。


 

本書籍のご購入はこちら


Lypo-C[リポカプセル]の技術を応用した

新商品 LYPO-C POUR LA BEAUTÉ


「美しさのためのLypo-C」を意味する化粧品ブランド、LYPO-C POUR LA BEAUTÉ[ リポシー プーラ ボーテ]が好評販売中です。
3つの(トリ)カプセルの超微粒子ミストがビタミンCを角質層の奥まで届かせる事にこだわった「LYPO-Cプーラボーテ VCトリカプセルエッセンス」、都会の外的ストレスから肌を守ることにこだわった「LYPO-Cプーラボーテ プロテクトファンデーション」および「LYPO-Cプーラボーテ セラムファンデーション」紫外線の強いこの時期には、「LYPO-Cプーラボーテ プロテクトファンデーション」がおすすめです。
本商品のご購入はこちら

<Lypo-C定期購入のご案内>

最近、とてもご好評で多くの皆様が登録されている定期便ですが、定期便にお申し込みいただいている方には、その継続や目的によって、また季節によってプレゼントをご用意しております。この機会に是非ご検討ください。
※恐れ入りますが、定期便のプラン変更をご要望の方は、一度ご解約いただき、改めてお申し込みください。

 

<対面販売を大切にする理由>

Lypo-C[リポカプセル]ビタミンCは対面での販売を基本にしています。
それは、お客様ご自身で選んでいただくことを大切にしたいと考えているからです。
Lypo-Cを販売しているクリニックや事業所では、対面でコミュニケーションを取り、商品の特徴、お一人お一人に合った使い方、そしてなぜそれが必要なのかお伝えしています。
その上でお客様ご自身が判断して購入され、目的や体調に合わせた飲み方を選択していただくこと。 その事こそがこの商品のメリットを最大に享受していただける方法です。

 

< Lypo-Cをご利用の皆様へ>

現在、その高い浸透率がもたらす「体感」から美容やスポーツなど幅広く高いご支持をいただいております。
Lypo-C[リポカプセル]ビタミンCは、ビタミンCを必要とされる全ての方へ「体感」をお届けしたいという想いからお求めの皆様にお届けしています。

 


この記事が良いと思ったらSNSでいいね!もしくはシェアしてください。
記事の引用は歓迎します。引用元を明記してご利用いただければ幸いです。
それでは、また別の記事でお会いしましょう。


 

 

<関連リンク>

 

  • ☆SHOP LISTLypo-C[リポ-カプセル]ビタミンCを取扱い、販売する店舗をご確認頂けます。
467 View 0 Like & Share
2020年03月31日作成 └Lypo-C Essentials
ランク2位

RECOMMEND

推薦記事

SEARCH